JリーグYBCルヴァンカップまとめ(2020年版)

 

2020/01/16:2020年開幕までデータ更新

2019/03/06:2019年ルヴァン杯開幕分までデータ更新

2018/10/04:ルヴァン杯の結果をまとめました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ルヴァン杯のまとめをUPしました。

 

●ルヴァン杯 レイソル全成績

優勝    2回:1999、2013

準優勝   0回: 

ベスト4  5回:1996、2012、2014、2015、2018 

 

大会方式が結構違いますが、通算では137試合で53勝40分44敗と勝ち越し。

得点が186に対し失点が161。(2019年ルヴァン杯まで反映)

※大会方式によりグループステージやトーナメント勝ち抜けのためのPK戦がありますが、Jリーグ公式サイトの結果と合わせています。

 

●ルヴァン杯 レイソル年度別成績

年度別だとこんな感じ。グループステージ敗退の多いこと。

 

回数 年度 結果 得点 失点
1 1992 JFLのため不参加 - - - - -
2 1993 グループステージ敗退 4 0 2 9 9
3 1994 1回戦敗退 0 0 1 1 2
4 1996 準決勝敗退 7 3 5 25 18
5 1997 準々決勝敗退 4 2 2 14 8
6 1998 グループステージ敗退 3 1 0 12 7
7 1999 優勝 6 1 2 17 8
8 2000 2回戦敗退 0 1 1 1 2
9 2001 2回戦敗退 2 1 1 4 5
10 2002 準々決勝敗退 1 4 2 2 3
11 2003 グループステージ敗退 0 3 3 3 13
12 2004 グループステージ敗退 1 3 2 4 5
13 2005 グループステージ敗退 2 2 2 6 8
14 2006 J2のため不参加 - - - - -
15 2007 グループステージ敗退 2 2 2 6 6
16 2008 グループステージ敗退 2 3 1 9 7
17 2009 グループステージ敗退 3 2 1 12 5
18 2010 J2のため不参加 - - - - -
19 2011 1回戦敗退 0 0 2 1 3
20 2012 準決勝敗退 2 1 1 9 7
21 2013 優勝 3 0 2 7 4
22 2014 準決勝敗退 6 2 2 18 10
23 2015 準決勝敗退 1 0 1 3 4
24 2016 グループステージ敗退 2 2 2 9 8
25 2017 グループステージ敗退 1 2 3 4 6
26 2018 準決勝敗退 0 3 1 6 6
27 2019 グループステージ敗退 1 2 3 4 7
合計 53 40 44 186 161

 

●ルヴァン杯 レイソル対戦相手別結果

 

対戦 試合数 得点 失点
横浜FM 13 6 2 5 23 19
仙台 10 0 5 5 7 14
FC東京 10 3 3 4 9 13
鹿島 9 4 3 2 13 14
広島 9 6 0 3 17 11
湘南 7 2 2 3 9 10
磐田 7 2 4 1 7 5
神戸 7 3 1 3 13 9
千葉 6 2 3 1 7 9
札幌 5 2 1 2 6 4
浦和 5 4 0 1 8 3
川崎F 5 2 1 2 6 7
名古屋 5 1 2 2 6 6
G大阪 5 4 0 1 11 4
大宮 4 0 3 1 2 3
新潟 4 3 0 1 9 2
清水 4 2 1 1 4 3
甲府 3 0 3 0 4 4
京都 3 2 1 0 6 1
C大阪 3 2 0 1 6 4
鳥栖 3 0 2 1 1 2
東京V 2 0 0 2 1 4
横浜F 2 1 0 1 1 3
福岡 2 1 1 0 5 4
大分 2 0 1 1 0 1
山形 1 0 1 0 1 1
徳島 1 1 0 0 4 1
合計 137 53 40 44 186 161
ルヴァン杯でレイソルが対戦したことのあるクラブは27クラブ。もっとも対戦が多いクラブは横浜Fマリノスで13試合(6勝2分5敗)。次いで仙台とFC東京が10試合。

 

対戦経験のある27クラブのうち、仙台、大宮、甲府、鳥栖、東京V、大分、山形にはルヴァン杯での勝利がありません。仙台さんには10試合で5分5敗とめちゃくちゃ相性が悪いことになっとります。

 

ちなみに、旧ナビスコ杯時代を含め、ルヴァン杯に参加したことがあるクラブは32クラブ。勝ち越しているのは11クラブ(浦和、鹿島、千葉、横浜FM、磐田、清水、東京V、FC東京、川崎、柏、G大阪)です。最多勝は横浜Fマリノスさんの90勝、次いで浦和さんと鹿島の86勝、清水さん83勝と続きます。


 

●ルヴァン杯 レイソル在籍時の出場数

 

レイソル在籍時の出場試合数でみると、1位は渡辺毅で56試合。2位が加藤望現監督の51試合。3位に大谷が48試合、4位下平前監督42試合と続きます。大谷さんはグループステージ6試合+1試合でレイソル歴代最多出場となります。Jリーグ全体でみると1位は山田暢久の109試合で、50試合以上の出場者に絞っても125人もいます。

 

選手名   出場数 ゴール数 通算出場数とゴール数
渡辺毅   56試合 05ゴール
加藤望   51試合 13ゴール 
【現役】大谷秀和  49試合 02ゴール
下平隆弘  42試合 02ゴール ※51試合 02ゴール
明神智和  37試合      ※69試合 02ゴール
近藤直也  37試合
平山智規  36試合 01ゴール
南雄太   35試合
北嶋秀明  31試合 06ゴール ※41試合 07ゴール
酒井直樹  29試合 03ゴール ※32試合 03ゴール
片野坂知宏 29試合 01ゴール ※53試合
菅野孝憲  28試合      ※39試合
栗澤僚一  28試合      ※46試合 02ゴール
大野敏隆  27試合 05ゴール ※36試合 05ゴール
土肥洋一  24試合      ※53試合
薩川了洋  23試合      ※59試合 02ゴール
萩村滋則  23試合 00ゴール ※30試合 00ゴール
沢田健太郎 23試合 00ゴール ※38試合 01ゴール
工藤壮人  22試合 09ゴール ※31試合 12ゴール
渡辺光輝  21試合 01ゴール ※37試合 03ゴール
小林祐三  21試合 00ゴール ※51試合 00ゴール
茨田陽生  21試合 02ゴール ※23試合 02ゴール
エジウソン 21試合 14ゴール
田中順也  19試合 07ゴール ※34試合 12ゴール

大津祐樹  18試合 02ゴール ※33試合 06ゴール

【現役】桐畑和繁  18試合 00ゴール

李忠成   17試合 03ゴール ※55試合 16ゴール

橋本和   17試合 01ゴール ※31試合 01ゴール

【現役】鎌田次郎  16試合 01ゴール ※45試合 03ゴール
鈴木大輔  14試合 01ゴール ※23試合 02ゴール

増嶋達也  14試合 02ゴール ※48試合 03ゴール 

カレカ   13試合 08ゴール
宇野沢祐次 13試合 04ゴール

中川寛斗  12試合 02ゴール

 

●ルヴァン杯 レイソル在籍時のゴール数

 

エジウソン 14ゴール

加藤望   13ゴール

工藤壮人  09ゴール

カレカ   08ゴール

田中順也  07ゴール

北嶋秀明  06ゴール

レアンドロ 06ゴール

大野敏隆  05ゴール

渡辺毅   05ゴール

宇野沢祐次 04ゴール

レアンドロ・ドミンゲス 04ゴール

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ