|manage|RSS1.0|Atom0.3|
メンバーの34%が五輪へ インドネシアアジア競技大会のこと | 日本代表 | Tassiy’s Blog
柏レイソルのことをウダウタと書くBLOGです。

♯ メンバーの34%が五輪へ インドネシアアジア競技大会のこと


ロシアワールドカップが終わりました。フル代表は新体制を迎え来年のアジアカップが当面の大きな目標。世代代表でいくといよいよ東京五輪に向けての強化が本格化していきます。来年のコパ・アメリカにも東京五輪世代で挑戦かという報道もありましたね。


東京五輪世代が次に出場する大きな大会が8月にインドネシアで行われるアジア競技大会です。組み分け抽選でエントリーしてた国を除外しちゃってやり直しになったり、金メダルを獲れば兵役免除となる韓国はオーバーエージでソンフンミンやファンウイジョを登録したりなど少しづつ報じられてきています。


アジア大会の後は12月に遠征が予定されてるようです。来年は3月(18-26)に、AFC U-23選手権2020の予選、5月末のトゥーロン国際大会を挟んで6月14日から7月7日の日程でコパ・アメリカが組まれています。


大陸別選手権への拘束力は同一年度に1大会のみという規定があります。来年はアジアカップがあるため、日本代表はそちらで海外組を拘束するはずです。となると夏のコパ・アメリカは国内組もしくはU-22での参加になるんじゃなかろうかと。


3月から大会が目白押しなので流石にすべてをU-21(来年はU-22)世代でとはならないと思いますが。楽しみです。



●第18回アジア競技大会(2018/インドネシア)男子


日程:2018年8月14日(火)〜9月1日(土)

 1次リーグ(8/14〜8/21)、R16(8/23,24)、準々決勝(8/26,27)、準決勝(8/29)、決勝(9/1)


エントリー期限:7月30日24:00まで(現地時間)

年齢制限:U-23(1995年1月1日以降の生まれ)、3人までオーバーエージあり。

組合せ:再度組合せ抽選を行う段階。まだ未決定。


日本代表は五輪代表の世代(2年前なのでU-21)で挑むことが多いです。



●東京五輪へ繋がるか


アジア大会がどれくらいオリンピックに繋がっているかを調べてみました。直近5大会(1998年のバンコク大会から2014年の仁川大会まで)のアジア大会メンバーがオリンピックメンバーになったかどうかです。


各大会20人ですので合計100人。そのうち34人が五輪の切符を掴んでいます。確率34%。正直あまり多くないかな。もっと多いかと思いました。ざざっと眺めると2年後の五輪の骨格らしきものは感じ取れるメンバーになっているような気がします。


レイソルは中山雄太以降の世代が対象です。ハンブルガーの伊藤君、山形修行中の安西君、福岡修行中の古賀くん、今年ルーキーの世代はAFC U-19選手権2018の方に進むと思うので、中山くん、古賀くんあたりが中心じゃないかと思います。



●過去のアジア競技大会 メンバー


第13回アジア競技大会(1998/バンコク)

フィリップ・トルシエ監督

→Secondラウンド敗退


 南雄太 (柏)

 榎本達也(横浜マ)

予山口智 (市原)

 金古聖司(東福岡)

★宮本恒靖(G大阪)

 古賀正紘(名古屋)

 中谷勇介(名古屋)

 手島和希(横浜F)

 市川大祐(清水)

 戸田和幸(清水)

★明神智和(柏)

★稲本潤一(G大阪)

 古賀誠史(横浜マ)

 小野伸二(浦和)

 石井俊也(浦和)

★中村俊輔(横浜マ)

 廣山望 (千葉)

 福田健二(名古屋)

 山下芳輝(福岡)

★高原直泰(磐田)

★は五輪メンバー、予は予備登録メンバー


第14回アジア競技大会(2002/釜山)

山本昌邦監督

→準優勝


 藤ヶ谷陽介(札幌)  

★黒河貴矢 (清水)

 池田昇平 (清水)

 根本裕一 (C大阪)

 三田光  (新潟)

★茂庭照幸 (F東京)

★那須大亮 (横Fマ)

★森崎和幸 (広島)

★石川直宏 (F東京)

 鈴木啓太 (浦和)

★駒野友一 (広島)

 野沢拓也 (鹿島)

★阿部勇樹 (市原)

★大久保嘉人(C大阪)

 田中隼磨 (東京V)

 青木剛  (鹿島)

★松井大輔 (京都)

B前田遼一 (磐田)

 中山悟志 (G大阪)

★田中達也 (浦和)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー


第15回アジア競技大会(2006/ドーハ)

反町康治監督

→Round2敗退


 松井謙弥 (磐田)

 佐藤昭大 (広島)

 一柳夢吾 (東京V)

★水本裕貴 (千葉)

★細貝萌  (浦和)

B青山直晃 (清水)

 田中輝和 (大宮)

 家長昭博 (G大阪)

★本田圭佑 (名古屋)

★本田拓也 (法政大)

 増田誓志 (鹿島)

★谷口博之 (川崎)

 青山敏弘 (広島)

 高萩洋次郎(愛媛)

 山本脩斗 (早稲田)

 平山相太 (F東京)

 カレンロバート(磐田)

 萬代宏樹 (仙台)

 前田俊介 (広島)

 辻尾真二 (中央大)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー


第16回アジア競技大会(2010/中国広州)

関塚隆監督

→優勝


 増田卓也 (流経大)

★安藤駿介 (川崎)

 實藤友紀 (高知大)

 薗田淳  (川崎)

 當間建文 (鹿島)

 比嘉祐介 (流経大)

 鎌田翔雅 (千葉)

 菅沼駿哉 (G大阪)

★鈴木大輔 (新潟)

B山崎亮平 (磐田)

★山村和也 (流経大)

 黒木聖仁 (C大阪)

 水沼宏太 (栃木)

 大塚翔平 (G大阪)

★東慶悟  (大分)

★山口螢  (C大阪)

 登里享平 (川崎)

★永井謙佑 (福岡大)

 工藤壮人 (柏)

 富山貴光 (早稲田)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー


第17回アジア競技大会 (2014/仁川) 

手倉森誠監督

→準々決勝敗退


 ポープ・ウィリアム(東京V)

 牲川歩見 (磐田)

★遠藤航  (湘南)

 山中亮輔 (千葉)

 西野貴治 (G大阪)

★室屋成  (明治大)

★岩波拓也 (神戸)

★植田直通 (鹿島)

★大島僚太 (川崎)

★原川力  (愛媛)

★矢島慎也 (浦和)

 金森健志 (福岡)

 野澤英之 (F東京)

★中島翔哉 (富山)

 喜田拓也 (横Fマ)

 秋野央樹 (柏)

 吉野恭平 (広島)

 荒野拓馬 (札幌)

B鈴木武蔵 (新潟)

B野津田岳人(広島)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー


 
:日本代表::
| 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ロストフ・ナ・ドヌの大きな僅差 2018 FIFA World Cup Russia™ #54 Round16 BELGIUM - JAPAN |

♯ ロストフ・ナ・ドヌの大きな僅差 2018 FIFA World Cup Russia™ #54 Round16 BELGIUM - JAPAN



 2018 FIFA World Cup Russia™ #54 Round16
 Rostov-on-Don/Rostov Arena / @42,189
 BELGIUM 3(0-0)2 JAPAN
 69min JAN VERTONGHEN 74min MAROUANE FELLAINI 90+4min NACER CHADLI
 48min HARAGUCHI GENKI 52min INUI TAKASHI
 □
 □SHIBASAKI GAKU


出張に出てまして帰宅したのが23:00少し前。
夕飯食べながらブラジルメキシコを見てしまうとこれが面白い。結局終了まで見てしまう。
2時間ばかしの仮眠から奇跡的に目が覚めベルギー戦。

日本はコロンビア、セネガル戦と同じ11人。
世代交代しなかった日本と言われてましたが、それはベルギーも同じ。5年前に日本が勝利した時のメンバーが両チームほぼほぼ残っとります。むしろベルギーの方が5年前とあまりメンバーが変わってない。ただ平均年齢は日本より1歳ほど若い。となると5年前は22〜23の選手が中心でそこから強化して強化して今のFIFAランク3位があるのかもしれない。




序盤からベルギーの猛攻を必死で耐える日本。
苦しいがなんとか耐える。

この大会で感じるのは、パススピード、特に柴崎から前線、乾、香川、原口あたりのパススピードがちょっとこれまでのW杯やJリーグだと見ないくらい早いこと。おまけに受け手側もしっかりコントロールして次の展開を狙えるということかと。

ベルギーの圧力を交わしながら反撃のタイミングをうかがいつつ、ベルギーの圧力にも慣れてくる感じ。ただ、今大会好調の大迫には、さすがにベルギーも激しいマークで対応。なかなか大迫らしいプレーはできないものの意外と!?というかかなり戦えてました。

後半試合が動きます。48分カウンター。柴崎が溜めて溜めて原口にパス。2回ぐらいパス出せたところを溜めたことで完全に裏を取れました。シュートフェイント1回入れてゴール。先制。さらに52分、中央で香川が鬼キープからの乾。無回転シュートが突き刺さって2-0。優勝候補ベルギー相手にリードを2点に広げます。

がベルギーも反撃。187cmのシャドリ、194cmのフェライニを投入。191cmのルカクと合わせてゴリゴリに押してきます。こうなると疲れ始めてた日本は厳しい。もう少し2-0の時間帯が続けば、植田や酒井高徳を入れて5バックで守りに入るプランもあったのかもしれないけど(それでもベルギーの高さを守りきれたかは微妙)、あっさり失点を許しちゃいます。69分にフェルトンゲンのクロスが枠に。その前でどうにかならなかったか。さらに74分、フェライニに合わせられて同点に。

本田と山口を投入して勝ち越しを狙いますが、逆にアディショナルタイムにCKからの長駆カウンターから失点しTHE END。


誰かが、自分の応援するクラブで2-0からひっくり返されたら相当怒るよね。代表だからよくやったとなるのはおかしいって言うとりましたが、まさになるほどなと。惜しかったけど勝てたけど、勝たなくちゃいけなかったけど負けてしまった。ベスト8まで僅差に見えてまだ大きな差があることを突き付けられました。


これで日本のロシアW杯は終了です。
大会直前のすったもんだ含めてこの4年の総括はされるんでしょうか。そしてそれは2020東京五輪、2022カタールW杯に活かされるのでしょうか。



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村


 
:日本代表::
| 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ヴォルゴグラードの○○ 2018 FIFA World Cup Russia™ #47 GroupH JAPAN - POLAND |

♯ ヴォルゴグラードの○○ 2018 FIFA World Cup Russia™ #47 GroupH JAPAN - POLAND

Dgyb2LeXUAA9UmA.jpg

 2018 FIFA World Cup Russia™ #47 GroupH
 Volgograd / Volgograd Arena / @42,189
 JAPAN 0(0-0)1 POLAND
 
 59min JAN BEDNAREK
 □MAKINO TOMOAKI
 □




ヴォルゴグラードの不本意
ヴォルゴグラードの談合
ヴォルゴグラードの大博打
ヴォルゴグラードの時間稼ぎ
ヴォルゴグラードの茶番


なかなかしっくりする言葉はないですが、決勝トーナメント行きが決まりました。

普通の監督であれば、あそこまで割り切ったプランにするのはなかなか難しかったかもしれません。ハリルホジッチ監督が土壇場で解任されその後釜に就任した西野さんだったからこそなしえたんじゃないかなと思ったり。




最後のパス回しにフォーカスが当たって、賛成反対あーだこーだとなってますが、ぶっちゃけ‘れ替えたスタメン組が揃って不出来。△修發修23人の選手構成に問題あったんじゃないか。スタメン入れ替えるっていう大事な情報がオールドメディアに全部筒抜けなんだよってことの方がゆゆしき問題かと。

‘れ替えたスタメン
ちょっと見てて辛かったのは酒井高徳と宇佐美かな。酒井高徳は不慣れなポジションでの起用となったので情状酌量の面も大きいですが、宇佐美はキツイなと。

岡崎も足の状態悪く後半早々にリタイアだし、そもそも酒井高徳右サイドで起用するなら久保で良かったんじゃないのかと。

山口蛍もロンドンの頃と比べるとどうなんだろう。あまり良くなかったですわ。武藤は好きな選手なので応援したいのですが、球離れ悪い部分が出てしまいました。

23人の選手構成
ホントにこの23人が良かったんですかね。あまりにもコロンビア、セネガル戦でのスタメン組と控え選手の差が大きくて。それがポーランド戦で如実に分かってしまいなんかなぁと思います。だからといって誰がいるねんって話なんだろうけど。

オールドメディアへの情報流出
もうね、喋ってるんでしょうね。新聞記者の前でぺらぺらと。これ、仮にワールドカップや東京五輪の決勝の前だとしても喋るんですかね。で記事にするんですかね。


そんな中、酒井宏樹がもう3試合とも素晴らしすぎて、レイソル好きのひいき目抜きにしても素晴らしすぎて。誇らしいです。

W杯後にオファーきまくるんだろうなと。リーグアンからプレミアリーグとか移籍していくのでしょうか。



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村


 
:日本代表::
| 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | |
柴崎にありがとう 本田にごめんなさい そして、全てのサポーターにおめでとう 2018 FIFA World Cup Russia™ #32 GroupH JAPAN - SENEGAL |

♯ 柴崎にありがとう 本田にごめんなさい そして、全てのサポーターにおめでとう 2018 FIFA World Cup Russia™ #32 GroupH JAPAN - SENEGAL



 2018 FIFA World Cup Russia™ #32 GroupH
 Ekaterinburg / Ekaterinburg Arena @32,572
 JAPAN  2(1-1)2 SENEGAL
 34’INUI TAKASHI 78’HONDA KEISUKE
 11’SADIO MANE 71’MOUSSA WAGUE
 □INUI TAKASHI □HASEBE MAKOTO
 □MBAYE NIANG □YOUSSOUF SABALY □CHEIKH NDOYE




サッカーの試合としての醍醐味はノックアウトステージにあるのは間違いないのですが、イベントとしてのワールドカップはグループステージ2戦目くらいがちょうど盛り上がってて良いんじゃないかと個人的には思ってます。


ノックアウトステージに入るとどんどん敗退していきますからね。試合の熱さと同時に寂しさも感じるみたいな。


さて2戦目です。この試合スタメンは変えませんでした。勝ってるチームは弄るなってやつですね。


立上りセネガル。スピード、パワー全開で来られまして日本は少し受けてしまいました。いなすことができなかったか。CKも何本か取られててセーフティーに切るのが嫌だったのか、原口の中途半端なクリアからシュートを打たれると川島。キャッチせずにパンチングで逃げようとしたものの相手にあたって先制を許します。
しかし川島、ハリル解任以降ずっと調子があがってきませんな。ガーナ戦のPK、スイス戦もミスでピンチを招く場面があって、コロンビア戦のFK。ちょっと多すぎるような。


先制を許しますが、日本は慌てません。&先制したことで多少セネガルがそれほど前からこなくなったこともあって徐々にペースを取り戻します。
あと昨日の試合見てて思ったのは日本代表のパススピードが結構速かったこと。ちょっと危なっかしいところもありますが、これは良かった。


と34分乾ですよ。柴崎からのロングボールを長友。切り返しで少し流れたかに見えたけど粘って乾。乾らしい巻いたballでゴール。乾は調子維持してますなあ。

立上りの圧力を受けてしまって先制を許すもよく反撃できました。


後半。今度は日本が主導権を握ります。50分大迫ヘッド、60分柴崎のクロスは大迫僅かに合わず、63分酒井宏樹からの崩し、64分乾クロスバーとめちゃくちゃ押し込みます。が、得点奪えません。押してる時間帯に得点を獲れないとどうなるかはよく知ってますが、やっぱりやられました。71分セネガル、ワゲのゴール。左SBのクロスを右SBがゴールってもうこの一撃にかけてたような得点劇でしたわ。セネガルも素晴らしい。


突き放されたところで本田を投入。
この試合スピード、攻守、守攻の切り替えがとても速くて、コロンビア戦でまったく動けなかった本田投入を心配したのですが、杞憂でした。78分大迫クロスが左サイドに流れ乾が折り返すと本田の前にボールが。これを落ち着いて決めて同点に。しかし目の前にボール転がってくるからなあ。ちょっと常人じゃ考えられんくらい持ってますわ。


その本田。コロンビア戦と比べると雲泥の差で動けてました。守備も大迫や乾と比べちゃうとアレですが、かなり追いかけてました。スタメンは正直起用する怖さがありますが。



試合はこのまま2-2で終了。いや開幕前はまるで期待できなかったのに凄いことになってます。
次のポーランド戦、引分以上でノックアウトステージですよ。ちょっとというかかなり驚きです。




にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村


 
:日本代表::
| 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | |
まさかの勝利と本田時代の終焉 2018 FIFA World Cup Russia™ #16 GroupH Colombia - Japan |

♯ まさかの勝利と本田時代の終焉 2018 FIFA World Cup Russia™ #16 GroupH Colombia - Japan



 2018 FIFA World Cup Russia™ #16 GroupH
 Saransk / Mordovia Arena @40,842
 Columbia 1(0-0)2 Japan
 39’JUAN QUINTERO
 06’KAGAWA 73’OSAKO
 ■CARLOS SANCHEZ □SANTIAGO ARIAS □JAMES RODRIGUEZ
 □KAWASHIMA



ちょっと驚きの勝利でした。


ハリルの解任、壮行試合やスイスとの親善試合でも全くダメで、サブ組を起用したパラグアイ戦後半でようやく少し上向きになるも、蓋を開けたら同じスタメンなのでは?という疑問は払しょくできず、本大会はじまってからは各国のサッカーレベルの進化を連日見せつけられてまして、期待度は下がったままでした。


でもあっぱれの勝利でした。サッカーはホント分からん。


1-0で相手10人になった後は慣れてないからか逆にバタバタ、長友クリアミス→長谷部ファウル(これはファルカオの名演技?)→川島止められたでしょ?→で追いつかれたあたりは課題ですが、それでも良く勝ちました。


走りに走った長友、柴崎、原口、酒井宏樹。
酒井はペナ内で2度シュートと柏時代には見たことない積極的な姿勢も見せてくれました。
大迫もポストプレーにチャンスを作り値千金のゴール。
香川も後半は消えてたけどPKを得たシュート、PKは落ち着いてました。
吉田と昌子、長谷部もしっかり守ってました。
乾はシュートが勿体なかった場面が2,3度あったけどチャンスの場面に顔を出せてました。
川島はちょっと凡ミスだと思うけど。


次のセネガル戦に向けて英気を養ってください。
3敗必至だと思ってたけど、ごめんなさいしなきゃですね。


ただ、ホンダ。あんたはあかん。
CKでアシストをしたかもしれん。ただそこまで走りたくないのかと。走らない自分のスタイルを貫き通したいのかと。長友がもっと走れと進言したって記事も見かけたけど、逆張りで周りがやいのやいの言えば言うほど走らなくなるのかと。もしかしたら体調悪いから走れないのかもしれないけど。そんなに走りたくないなら一人で勝手にキックターゲットでもやっててください。

2戦目以降使ってはいけないと思う。仮に使わなければいけない(なぜ?)としても中盤での起用は絶対にダメ。右サイドべったりで(原口もいるのに)動かないわ、ボール失うわ、パスも不確かで相手のチャンスになるわ、ボール失ってもまず追わないし。独りよがりのプレーで回りが割を喰うのが目に見えている。もし使うなら最前線。大迫の交代要員。その位置も岡崎や武藤を優先して欲しいけど。

本田の時代、代表での本田は今日の試合で終わりで良いでしょう。もう厳しいと思う。


にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村


 
:日本代表::
| 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/60PAGES | >>
≡CALENDAR ×
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡ABOUT≡
≡ブログ村≡
PVアクセスランキング にほんブログ村
≡Twitterアカウント≡
≡tassiy's Book Shelf≡