楽しい! キリンチャレンジカップ2018 日本代表vsウルグアイ代表



KIRIN CHALLENGE CUP 2018
Stadium:SAITAMA STADIUM 2002 Attendances:57,239人
JAPAN 4 − 3 URUGUAY

−−−−−−2前1−−−−−−
−−−−−−2後2−−−−−−

GOAL:10’66’MINAMINO Takumi 36’OSAKO Yuya 59’DOAN Ritsu
GOAL:28’GASTON PEREIRO 57’EDINSON CAVANI 75’JONATHAN RODRIGUEZ
□MIURA Genta
□MARCELO SARACCHI


埼スタ行ってきました。



登録23人中ロシアW杯メンバーが16名を数えるウルグアイ代表。スアレスやヒメネスはいないけど結構な面々。対する日本代表は特に攻撃陣の世代交代が一気に進んだ印象。南野、堂安、中島など若手とロシア組の融合を試すには絶好の相手。

で、今まで代表戦を生で見てきた中でかなり楽しめました。

特に中島、南野が出色の出来。「ウルグアイ相手にここまでやれるのか」ってプレーを随所に見せてくれました。二人とも上背あるタイプではないですが、相手を交わすべく常に仕掛けてるし「前へ。シュートで終わる」という攻めの姿勢は最高でした。

過去の日本代表だとザッケローニ時代に細かいパス回しを指向したことがありましたが、南野、中島、堂安のそれは狭い中でのプレー精度、パススピードの速さとトラップの正確さは当時以上だったんじゃなかろうかと。

中島。埼スタのビジョンにプレーが途切れると映像が流れますが、笑顔なんです。めちゃくちゃ楽しそうにプレーしてて、「ここしばらくの日本代表でああも楽しそうにプレーしてる選手っていたかなあ」と思ってしまうほど。

南野は3戦連発の2ゴールもさることながら、相手守備陣からボールを奪う。奪いきるプレーが何度ともなくありまして「南野って日本にいた時、こんな身体の使い方できたっけ?」と感心しました。

おまけにこの3人、守備にもしっかり戻ってきます。危ない場面でもサボらずに守りに参加してました。宇佐美とか香川とか意識から相当変えないと今後呼ばれなくなるような気さえします。それくらい違って見えました。

あまりにも中盤の3人が素晴らしかったこともあって、伊東純也の出番がなかったのは残念でしたが、それでもここまで楽しい日本代表ってホントいついらいだろ。森保JAPANのスタートは完全に成功かと。

で、気になる点としては3失点もそうなんですけど、このメンバーが主力になっていくのだとすると上背がハンデになりそうな点。この点に対する対応を森保さんがどう仕込んでいくのかが興味深いです。今日のスタメンだと、長友170、柴崎175、中島167、南野174、堂安172と175cm以下が5人もいます。身長でサッカーをやる訳じゃないでしょうが、セットプレーの守り方とかは相当仕込んでおかないと体格勝負になった際はアジア相手でも不利な気がします。

今日もセットプレーから失点してたし、何度か東口のセーブに救われてたけど、ボックス内で左右に散らされると相当厳しい。吉田麻也の相棒に冨安が常時選ばれるようになって長友にポジション争いを挑める上背のある左SBが出てきてとなると違う世界が見えそう。それが誰になるのか。背の高さを克服する何かが仕込めるのか。

あとは大迫と張れるポスト型のFWが1枚欲しいですね。かなり代えが効かない選手になりつつあるので、似たタイプの選手を見つけられるかも興味深いです。どうも川又ではない気がするんだけどなあ。


レイソル視点だと、東京五輪世代のキャプテンを務める中山雄太も遠からず代表に絡んでくると思うし、こないとマズイ。右サイドバックの酒井は健在。伊東純也もかなり強力なライバルが中盤攻撃陣で多いけど頑張ってもらいたいし、脳震盪でリハビリ中の中村航輔も能力的には十分代表に入れる。あとは幾人か絡んでこれるとカタールまでの4年間が楽しくなりそう。






にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ

伊東純也選手が日本代表(2018年9月 キリンチャレンジカップ2018)に選出



森保A代表初戦のメンバーが発表になりました。

会見で森保さん自身がワールドカップロシア大会に出場した海外組の招集を除いたと、「この最初の招集がコアなチームだとは思っていません。」と発言してましたんで、正直お試し感が強いですね。

レイソルからは伊東純也とハンブルガーの伊藤くんが選ばれましたが小池君は選外。残念。

レイソルU-18からA代表は過去
酒井直樹、明神智和、酒井宏樹、近藤直也、工藤壮人、中村航輔の6人かな。招集でも出場でも。

レイソル在籍でのA代表出場だと
上のメンバーに、沢田謙太郎、渡辺毅、北嶋秀朗、玉田圭司、鈴木大輔、田中順也、伊東純也が加わります。

代表候補合宿への参加だと
菅野とか橋本和とかがあったような。

予備登録メンバーだと
大谷、山中あたりが入ってましたね。

◎キリンチャレンジカップ2018 9月メンバー

東口順昭(G大阪)
権田修一(鳥栖)
シュミット・ダニエル(仙台)

槙野智章(浦和)
佐々木翔(広島)
車屋紳太郎(川崎)
遠藤航 (シントトロイデン)
室屋成 (F東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ)
三浦弦太(G大阪)
冨安健洋(シントトロイデン)

青山敏弘(広島)
山口蛍 (C大阪)
大島僚太(川崎)
伊東純也(柏)
中島翔哉(ポルティモネンセ)
南野拓実(ザルツブルク)
三竿健斗(鹿島)
伊藤達哉(ハンブルガーSV)
堂安律 (フローニンゲン)

小林悠 (川崎)
杉本健勇(C大阪)
浅野拓磨(ハノーファー)

このメンバーだと、山口44試合、槙野33試合、浅野17試合、小林悠13試合、遠藤12試合が2桁であとは初招集とか一桁出場とやっぱりだいぶ若返ってるというか経験がない感じです。

このあとキリンチャレンジカップが毎月2試合×3カ月連続で続きますが、いわゆる海外組の招集はどこになるのでしょうか。やはりワールドカップ終了の半年後にアジアカップがあるのは日程的に嫌ですね。以前の日程に戻らんかなあ。

●2018年今後の日本代表日程

09月07日 札幌 vsチリ
09月11日 吹田 vsコスタリカ
10月12日 新潟 vsパナマ
10月16日 埼玉 vsウルグアイ
11月16日 大分 vs未定
11月20日 豊田 vs未定


そういえば、ロシア大会の総括って何かしたんでしたっけ?森保さん発表の時に軽く触れただけ?それでおしまいなんでしたっけ??



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ

メンバーの34%が五輪へ インドネシアアジア競技大会のこと


ロシアワールドカップが終わりました。フル代表は新体制を迎え来年のアジアカップが当面の大きな目標。世代代表でいくといよいよ東京五輪に向けての強化が本格化していきます。来年のコパ・アメリカにも東京五輪世代で挑戦かという報道もありましたね。


東京五輪世代が次に出場する大きな大会が8月にインドネシアで行われるアジア競技大会です。組み分け抽選でエントリーしてた国を除外しちゃってやり直しになったり、金メダルを獲れば兵役免除となる韓国はオーバーエージでソンフンミンやファンウイジョを登録したりなど少しづつ報じられてきています。


アジア大会の後は12月に遠征が予定されてるようです。来年は3月(18-26)に、AFC U-23選手権2020の予選、5月末のトゥーロン国際大会を挟んで6月14日から7月7日の日程でコパ・アメリカが組まれています。


大陸別選手権への拘束力は同一年度に1大会のみという規定があります。来年はアジアカップがあるため、日本代表はそちらで海外組を拘束するはずです。となると夏のコパ・アメリカは国内組もしくはU-22での参加になるんじゃなかろうかと。


3月から大会が目白押しなので流石にすべてをU-21(来年はU-22)世代でとはならないと思いますが。楽しみです。



●第18回アジア競技大会(2018/インドネシア)男子


日程:2018年8月14日(火)〜9月1日(土)

 1次リーグ(8/14〜8/21)、R16(8/23,24)、準々決勝(8/26,27)、準決勝(8/29)、決勝(9/1)


エントリー期限:7月30日24:00まで(現地時間)

年齢制限:U-23(1995年1月1日以降の生まれ)、3人までオーバーエージあり。

組合せ:再度組合せ抽選を行う段階。まだ未決定。


日本代表は五輪代表の世代(2年前なのでU-21)で挑むことが多いです。



●東京五輪へ繋がるか


アジア大会がどれくらいオリンピックに繋がっているかを調べてみました。直近5大会(1998年のバンコク大会から2014年の仁川大会まで)のアジア大会メンバーがオリンピックメンバーになったかどうかです。


各大会20人ですので合計100人。そのうち34人が五輪の切符を掴んでいます。確率34%。正直あまり多くないかな。もっと多いかと思いました。ざざっと眺めると2年後の五輪の骨格らしきものは感じ取れるメンバーになっているような気がします。


レイソルは中山雄太以降の世代が対象です。ハンブルガーの伊藤君、山形修行中の安西君、福岡修行中の古賀くん、今年ルーキーの世代はAFC U-19選手権2018の方に進むと思うので、中山くん、古賀くんあたりが中心じゃないかと思います。



●過去のアジア競技大会 メンバー


第13回アジア競技大会(1998/バンコク)

フィリップ・トルシエ監督

→Secondラウンド敗退


 南雄太 (柏)

 榎本達也(横浜マ)

予山口智 (市原)

 金古聖司(東福岡)

★宮本恒靖(G大阪)

 古賀正紘(名古屋)

 中谷勇介(名古屋)

 手島和希(横浜F)

 市川大祐(清水)

 戸田和幸(清水)

★明神智和(柏)

★稲本潤一(G大阪)

 古賀誠史(横浜マ)

 小野伸二(浦和)

 石井俊也(浦和)

★中村俊輔(横浜マ)

 廣山望 (千葉)

 福田健二(名古屋)

 山下芳輝(福岡)

★高原直泰(磐田)

★は五輪メンバー、予は予備登録メンバー


第14回アジア競技大会(2002/釜山)

山本昌邦監督

→準優勝


 藤ヶ谷陽介(札幌)  

★黒河貴矢 (清水)

 池田昇平 (清水)

 根本裕一 (C大阪)

 三田光  (新潟)

★茂庭照幸 (F東京)

★那須大亮 (横Fマ)

★森崎和幸 (広島)

★石川直宏 (F東京)

 鈴木啓太 (浦和)

★駒野友一 (広島)

 野沢拓也 (鹿島)

★阿部勇樹 (市原)

★大久保嘉人(C大阪)

 田中隼磨 (東京V)

 青木剛  (鹿島)

★松井大輔 (京都)

B前田遼一 (磐田)

 中山悟志 (G大阪)

★田中達也 (浦和)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー


第15回アジア競技大会(2006/ドーハ)

反町康治監督

→Round2敗退


 松井謙弥 (磐田)

 佐藤昭大 (広島)

 一柳夢吾 (東京V)

★水本裕貴 (千葉)

★細貝萌  (浦和)

B青山直晃 (清水)

 田中輝和 (大宮)

 家長昭博 (G大阪)

★本田圭佑 (名古屋)

★本田拓也 (法政大)

 増田誓志 (鹿島)

★谷口博之 (川崎)

 青山敏弘 (広島)

 高萩洋次郎(愛媛)

 山本脩斗 (早稲田)

 平山相太 (F東京)

 カレンロバート(磐田)

 萬代宏樹 (仙台)

 前田俊介 (広島)

 辻尾真二 (中央大)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー


第16回アジア競技大会(2010/中国広州)

関塚隆監督

→優勝


 増田卓也 (流経大)

★安藤駿介 (川崎)

 實藤友紀 (高知大)

 薗田淳  (川崎)

 當間建文 (鹿島)

 比嘉祐介 (流経大)

 鎌田翔雅 (千葉)

 菅沼駿哉 (G大阪)

★鈴木大輔 (新潟)

B山崎亮平 (磐田)

★山村和也 (流経大)

 黒木聖仁 (C大阪)

 水沼宏太 (栃木)

 大塚翔平 (G大阪)

★東慶悟  (大分)

★山口螢  (C大阪)

 登里享平 (川崎)

★永井謙佑 (福岡大)

 工藤壮人 (柏)

 富山貴光 (早稲田)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー


第17回アジア競技大会 (2014/仁川) 

手倉森誠監督

→準々決勝敗退


 ポープ・ウィリアム(東京V)

 牲川歩見 (磐田)

★遠藤航  (湘南)

 山中亮輔 (千葉)

 西野貴治 (G大阪)

★室屋成  (明治大)

★岩波拓也 (神戸)

★植田直通 (鹿島)

★大島僚太 (川崎)

★原川力  (愛媛)

★矢島慎也 (浦和)

 金森健志 (福岡)

 野澤英之 (F東京)

★中島翔哉 (富山)

 喜田拓也 (横Fマ)

 秋野央樹 (柏)

 吉野恭平 (広島)

 荒野拓馬 (札幌)

B鈴木武蔵 (新潟)

B野津田岳人(広島)

★は五輪メンバー、Bはバックアップメンバー

ロストフ・ナ・ドヌの大きな僅差 2018 FIFA World Cup Russia™ #54 Round16 BELGIUM - JAPAN



 2018 FIFA World Cup Russia™ #54 Round16
 Rostov-on-Don/Rostov Arena / @42,189
 BELGIUM 3(0-0)2 JAPAN
 69min JAN VERTONGHEN 74min MAROUANE FELLAINI 90+4min NACER CHADLI
 48min HARAGUCHI GENKI 52min INUI TAKASHI
 □
 □SHIBASAKI GAKU


出張に出てまして帰宅したのが23:00少し前。
夕飯食べながらブラジルメキシコを見てしまうとこれが面白い。結局終了まで見てしまう。
2時間ばかしの仮眠から奇跡的に目が覚めベルギー戦。

日本はコロンビア、セネガル戦と同じ11人。
世代交代しなかった日本と言われてましたが、それはベルギーも同じ。5年前に日本が勝利した時のメンバーが両チームほぼほぼ残っとります。むしろベルギーの方が5年前とあまりメンバーが変わってない。ただ平均年齢は日本より1歳ほど若い。となると5年前は22〜23の選手が中心でそこから強化して強化して今のFIFAランク3位があるのかもしれない。




序盤からベルギーの猛攻を必死で耐える日本。
苦しいがなんとか耐える。

この大会で感じるのは、パススピード、特に柴崎から前線、乾、香川、原口あたりのパススピードがちょっとこれまでのW杯やJリーグだと見ないくらい早いこと。おまけに受け手側もしっかりコントロールして次の展開を狙えるということかと。

ベルギーの圧力を交わしながら反撃のタイミングをうかがいつつ、ベルギーの圧力にも慣れてくる感じ。ただ、今大会好調の大迫には、さすがにベルギーも激しいマークで対応。なかなか大迫らしいプレーはできないものの意外と!?というかかなり戦えてました。

後半試合が動きます。48分カウンター。柴崎が溜めて溜めて原口にパス。2回ぐらいパス出せたところを溜めたことで完全に裏を取れました。シュートフェイント1回入れてゴール。先制。さらに52分、中央で香川が鬼キープからの乾。無回転シュートが突き刺さって2-0。優勝候補ベルギー相手にリードを2点に広げます。

がベルギーも反撃。187cmのシャドリ、194cmのフェライニを投入。191cmのルカクと合わせてゴリゴリに押してきます。こうなると疲れ始めてた日本は厳しい。もう少し2-0の時間帯が続けば、植田や酒井高徳を入れて5バックで守りに入るプランもあったのかもしれないけど(それでもベルギーの高さを守りきれたかは微妙)、あっさり失点を許しちゃいます。69分にフェルトンゲンのクロスが枠に。その前でどうにかならなかったか。さらに74分、フェライニに合わせられて同点に。

本田と山口を投入して勝ち越しを狙いますが、逆にアディショナルタイムにCKからの長駆カウンターから失点しTHE END。


誰かが、自分の応援するクラブで2-0からひっくり返されたら相当怒るよね。代表だからよくやったとなるのはおかしいって言うとりましたが、まさになるほどなと。惜しかったけど勝てたけど、勝たなくちゃいけなかったけど負けてしまった。ベスト8まで僅差に見えてまだ大きな差があることを突き付けられました。


これで日本のロシアW杯は終了です。
大会直前のすったもんだ含めてこの4年の総括はされるんでしょうか。そしてそれは2020東京五輪、2022カタールW杯に活かされるのでしょうか。



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

ヴォルゴグラードの○○ 2018 FIFA World Cup Russia™ #47 GroupH JAPAN - POLAND

Dgyb2LeXUAA9UmA.jpg

 2018 FIFA World Cup Russia™ #47 GroupH
 Volgograd / Volgograd Arena / @42,189
 JAPAN 0(0-0)1 POLAND
 
 59min JAN BEDNAREK
 □MAKINO TOMOAKI
 □




ヴォルゴグラードの不本意
ヴォルゴグラードの談合
ヴォルゴグラードの大博打
ヴォルゴグラードの時間稼ぎ
ヴォルゴグラードの茶番


なかなかしっくりする言葉はないですが、決勝トーナメント行きが決まりました。

普通の監督であれば、あそこまで割り切ったプランにするのはなかなか難しかったかもしれません。ハリルホジッチ監督が土壇場で解任されその後釜に就任した西野さんだったからこそなしえたんじゃないかなと思ったり。




最後のパス回しにフォーカスが当たって、賛成反対あーだこーだとなってますが、ぶっちゃけ‘れ替えたスタメン組が揃って不出来。△修發修23人の選手構成に問題あったんじゃないか。スタメン入れ替えるっていう大事な情報がオールドメディアに全部筒抜けなんだよってことの方がゆゆしき問題かと。

‘れ替えたスタメン
ちょっと見てて辛かったのは酒井高徳と宇佐美かな。酒井高徳は不慣れなポジションでの起用となったので情状酌量の面も大きいですが、宇佐美はキツイなと。

岡崎も足の状態悪く後半早々にリタイアだし、そもそも酒井高徳右サイドで起用するなら久保で良かったんじゃないのかと。

山口蛍もロンドンの頃と比べるとどうなんだろう。あまり良くなかったですわ。武藤は好きな選手なので応援したいのですが、球離れ悪い部分が出てしまいました。

23人の選手構成
ホントにこの23人が良かったんですかね。あまりにもコロンビア、セネガル戦でのスタメン組と控え選手の差が大きくて。それがポーランド戦で如実に分かってしまいなんかなぁと思います。だからといって誰がいるねんって話なんだろうけど。

オールドメディアへの情報流出
もうね、喋ってるんでしょうね。新聞記者の前でぺらぺらと。これ、仮にワールドカップや東京五輪の決勝の前だとしても喋るんですかね。で記事にするんですかね。


そんな中、酒井宏樹がもう3試合とも素晴らしすぎて、レイソル好きのひいき目抜きにしても素晴らしすぎて。誇らしいです。

W杯後にオファーきまくるんだろうなと。リーグアンからプレミアリーグとか移籍していくのでしょうか。



にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村