|manage|RSS1.0|Atom0.3|
柏レイソルのことをウダウタと書くBLOGです。

♯ 2013-14 柏レイソル 移籍・契約について[1/18更新]

01/18更新:相馬まで
01/15更新;谷口移籍まで
01/10更新:レアンドロ加入、川浪移籍まで
01/08更新:ハングギョン加入まで
01/07更新:澤とハングギョンの噂まで
12/28更新:武冨、中川、高山、山中、輪湖まで。
12/25更新:ハンジン、野田の件を更新。
12/19更新:相馬くんの件を更新。
12/08更新:中谷くん新規加入。湘南高山、レアンドロの記事まで更新。

昨年秋に最初の報道があったレアンドロ・モンテーラが加入することになりました。浦和のエメルソン、清水の岡崎、鳥栖に移籍した播戸、広州のムリキなどなど天敵はいっぱいいましたが、間違いなくそのうちの一人、脚のレアンドロの加入は心強いですね。しかも、相当久しぶりの スピード>パワー タイプの外国籍FWってこともあって期待は高まるばかりです。

でもってボランチにはハングギョンが。昨シーズンのJ1でボール奪取率2位(1位はレオ・シルバ エルゴライヤーブック)の選手です。去年崩壊気味だった守備のメスはボランチに入りましたね。こちらも的確な補強だと思います。

個人的にはあともう1人、右SBが出来る若手が取れれば今年の補強は満点をあげられるんじゃないかなと思います。

[←IN:加入]
□中谷 進之介 (←柏U-18)
□高山 薫   (←湘南)
□輪湖 直樹  (←水戸)
□韓国栄    (←湘南)
□レアンドロ・モンテーラ(←アル・サッド)

[←IN:レンタル復帰]

[→OUT:完全移籍]
□クォンハンジン(湘南レンタル→群馬レンタル→群馬完全移籍)
□川浪 吾朗  (徳島レンタル→徳島完全移籍)

[→OUT:レンタル移籍/延長]
□谷口 博之  (→鳥栖レンタル)
□山中 亮輔  (→千葉レンタル)
□武冨 孝介  (湘南レンタル→延長)
□中川 寛斗  (湘南レンタル→延長)

[→OUT:非更新]
■澤 昌克   (→未定)
■ワグネル   (→ボタフォゴ)
■クレオ    (→未定)
■相馬 大士  (町田レンタル→非更新⇒現役引退)

[更新]
GK:桐畑和繁 稲田康志 菅野孝憲 中村航輔
DF:藤田優人 近藤直也 鈴木大輔 増嶋竜也 橋本和 渡部博文 金昌洙
MF:大谷秀和 レアンドロ・ドミンゲス 狩野健太 秋野央樹 茨田陽生
   小林祐介 太田徹郎 栗澤僚一 谷口博之
FW:工藤壮人 田中順也 木村裕

[報道・噂]
■澤 昌克
 12/28(ペルーメディア):ペルー1部レアル・ガルシラソに移籍
 01/03アンディナ・ニュース(ペルーメディア):14年は日本国内でプレーしたい

□レアンドロ
 11/19スポニチ、12/9日刊、12/17アルサッドを解雇された模様
 サカダイ12/24号
 01/10 柏公式 
 ⇒完全移籍で獲得

□青木 拓矢
 11/03報知、11/20スポニチ、11/27報知、12/15報知、デイリー、日刊など
 ⇒柏、浦和、神戸 がオファーとの報道
 12/21 浦和公式
 ⇒完全移籍で獲得
 
□韓国栄
 11/19スポニチ
 ⇒柏、F東京 がオファーとの報道
 12/02サンスポ
 ⇒湘南の退団が濃厚に
 12/25韓国日刊
 ⇒柏、F東、鳥栖+フライブルク(独)、アウクスブルク(独)ザンクトパウリ(独2部)、
  セルティック(スコットランド)ブリュッセル(白)
 12/29スポニチ
 ⇒柏完全移籍で獲得へ
 01/07韓国メディア
 ⇒2年契約、バイアウトの規定ありで合意
 01/08柏公式
 ⇒完全移籍で獲得

□レオ・シルバ
 サカダイ12/17号
 ⇒新潟が更新

□田中 隼磨
 サカダイ12/17号
 ⇒松本 がオファーとの報道(柏はサカダイのみ)
 01/06 松本公式
 ⇒完全移籍で獲得

□野田 隆之介
 12/04スポニチ
 ⇒柏、川崎F、名古屋、横浜マ がオファーとの報道
 12/25デイリー
 ⇒名古屋が完全移籍で獲得が濃厚と報道
 01/03 名古屋公式
 ⇒完全移籍で獲得

□高山 薫
 12/6日刊
 サカダイ12/24号
 12/28 柏公式
 ⇒完全移籍で獲得発表

 
:2013柏レイソル::
| 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |

♯ スルガ銀行チャンピオンシップ 2014 日立台で開催決定

 
 ・『スルガ銀行チャンピオンシップ2014』試合日および試合会場決定(柏公式
 ・スルガ銀行チャンピオンシップ2014 来年8月6日(水)日立柏サッカー場で開催決定(JFA公式




スルガ銀行カップ 日立台での開催決定が決まりました。

スル銀カップですが、2008年に第1回が開催されるにあたって、当時の日本サッカー協会 田嶋専務理事が会場について『ナビスコカップで優勝したチームの、近隣にある最も誇れる世界的なスタジアムでやるということでこの長居スタジアムで今回は行われることになりました。』と発言しています。第1回にはガンバ大阪が出場しておりまして、長居スタジアム=ライバルセレッソ大阪のホームスタジアムを使うということで喧々諤々あった記憶があります。

そんなわけで第3回FC東京−LDUキトも国立で行われ、第4回の磐田−インデペンディエンテもエコパで開催されています。大分やカシマでは開催されていることから、『最も誇れる世界的なスタジアム』とは2002年W杯の会場+国立競技場という解釈になっているのかなと思ってました。

例年なら柏から近い国立で開催すれば丸く収まるはずなのですが、生憎来年7月から解体が始まりまして使えません。となると、埼玉スタジアム、ニッサン、カシマあたりが候補、大穴で味スタやフクアリの目もあったのかもしれませんが、無事に日立台で開催が決まりました。良かったです。

相手のCAラヌース(アルゼンチン)が中堅クラブでそれほどメディアやサポーターも来ないとのヨミや、ACLでの開催実績も評価されてのことなのかもしれないですね。

ちなみに、ラヌースですが、パラグアイ代表のV.アジャラ、アルゼンチン代表のレアンドロ・ソモサがいるみたいで、監督はギジェルモ・バロスケロットだそうです。どんなチームなんでしょうね。楽しみです。


 
:2013柏レイソル::
| 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | |

♯ レイソルU-18 プレミアリーグ出場権獲得 


 
 ・高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ(JFA公式
 



本日(もう昨日か)行われた「高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグ」参入トーナメント2回戦にて、愛媛FCユースを破り、柏レイソルU-18が来年のプレミアリーグに出場することが決まりました。

前半を0−0で折り返し、後半大島くんと会津くんの2ゴールを奪っての完封劇のようです。

正直ユース世代は、年に1〜2度くらい、レイソルの試合がなさすぎて試合に飢えている時とか夏の大会で良いところまで進んだ際に見るくらいしかできていませんが、やはりユース世代のトップカテゴリーで闘えると言うのは嬉しいものですね。これまでいろんな世代が挑んできてそれこそ一歩ずつ一歩ずつ積み重ねてようやく今年、今の世代で成し遂げることができたことを誇らしく思います。

柏の公式サイト上で、TOPチームの過去の戦績は2008年までしかリンクが用意されていませんが、(直接URLを叩くと2003年まで見れますが・・・)アカデミーは2004年から振りかえることができ、歴史を感じることができます。ちなみに2004年はというと、高3世代にパルセイロの諏訪、横河武蔵野の遠藤、富山にいた桜井などがいまして、高2世代に桐畑、柳澤、松本山雅の船山がいたころですね。




<柏レイソルU-18 この10年 県リーグからプレミアリーグまで>

2004 U18千葉県リーグ 1部Aリーグ 1位 6勝2分   得点29 失点 6 +23
 ⇒?
2005 U18千葉県リーグ 1部Aリーグ 1位 7勝1分   得点25 失点 5 +20
 ⇒プリンスリーグU18関東 千葉県代表決定戦 1回戦 vs習志野 2-2(PK3−4)で敗退  
2006 U18千葉県リーグ 1部Bリーグ 3位 5勝1分2敗 得点21 失点 6 +15 
 ⇒プリンスリーグU18関東 千葉県代表決定戦に進出できず
2007 U18千葉県リーグ 1部Bリーグ 1位 8勝     得点51 失点 4 +47
 ⇒プリンスリーグU18関東 千葉県代表決定戦 決勝戦 vsジェフU 1-1(PK4-5)で敗退
2008 U18千葉県リーグ 1部Bリーグ 1位 6勝1分   得点24 失点 3 +21
 ⇒プリンスリーグU18関東 千葉県代表決定戦 2回戦 vs八千代  2-2(PK5-6)で敗退
2009 U18千葉県リーグ 1部Bリーグ 1位 6勝1分   得点26 失点 5 +21
 ⇒プリンスリーグU18関東2部 千葉県代表決定戦 決勝 vs幕張総合  0-0(PK4-5)敗退
2010 U18千葉県リーグ 1部リーグ  1位 8勝2分   得点34 失点 7 +27
 ⇒1位はプリンスリーグ関東2部Bへ自動昇格
2011 JFAプリンスリーグ関東2部B  1位 12勝2分   得点37 失点 8 +29
 ⇒1位でプリンスリーグ関東1部へ自動昇格
2012 JFAプリンスリーグ関東1部   3位 12勝4分2敗 得点37 失点11 +26
 ⇒3位のため関東1部残留
2013 JFAプリンスリーグ関東1部   2位 10勝4分4敗 得点39 失点28 +11
 ⇒2位でプレミア参入戦進出
2014 JFAプレミアリーグ イースト


 

 
:2013柏レイソル::
| 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) | |

♯ 山中、秋野が『U21日本代表』に、中村が『U18日本代表候補』に選出


 
 ・山中亮輔選手、秋野央樹選手が『U21日本代表』選出(柏公式
 ・中村航輔選手が『U18日本代表候補』に選出(柏公式
 ・AFC U22選手権 U21日本代表 メンバー(JFA公式
 ・U18日本代表候補 トレーニングキャンプメンバー(JFA公式
 



若手の3選手、山中と秋野がU21日本代表に、中村がU18日本代表と年代別代表に選ばれました。

U21日本代表の方ですが、リオ五輪を目指す手倉森ジャパンの初陣です。正月明けに行われるAFC U22選手権は、その上の世代、91年1月1日以降生まれが対象になっていますが、日本はリオ世代での出場を決めています。リオ世代は(大会規定がロンドンと同じであれば)93年1月1日以降生まれの選手です。レイソルだと山中の世代がぴったり該当し、1つ下の世代に秋野、木村、小林、中村と湘南にレンタル中の中川が該当します。

U18日本代表の方は、2015年のFIFA U20 ワールドカップ@ニュージランドを目指すカテゴリーです。元磐田監督の鈴木政一さんが監督をやっています。2015 FIFA U20 Worldcupの規定では95年1月1日以降生まれの選手です。レイソルだと今年の新人4選手では早生まれの中村くんのみ該当してて、高校3年生の世代も重なってます。

チーム発足と3年後のリオ五輪とで選手は大きく変わるでしょうが、頑張って活躍してもらいたいものです。

ちなみに、ロンドン世代では、チーム発足当初に行われた東アジア大会に選ばれロンドンでもメンバーに入った選手は、山村、村松、鈴木大輔、永井、清武の5人が該当するようです。





 
:2013柏レイソル::
| 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | |

♯ 2013Jリーグ 最優秀育成クラブ賞 ノミネートクラブの件

2009年から表彰されるようになった『Jリーグ 最優秀育成クラブ賞』のノミネートが発表になりまして、柏をはじめ5チームが選ばれています。最優秀クラブは5チームから選ばれるそうです。

過去4回はこんな感じ。なぜか「牛」が賞品として贈呈されるみたいです。一頭食べてもりもり力つけてねってことなんですかね。

2012
 札幌(【正賞】ブック型楯 【副賞】宮崎牛1頭と完熟マンゴーなど宮崎県産旬の野菜・果物)
2011
 東V(【正賞】ブック型楯 【副賞】宮崎牛1頭 )
2010
 F東
2009
 浦和


ノミネートしたチームの中から最優秀賞を発表するようになったのは今年からだそうで、今年は札幌、柏、東京V、C大阪、神戸の5チームとなっています。神戸岩波の37試合出場や札幌深井の19試合出場は相当立派ですが、今年はこれまでクラブとして受賞がないながらなんとなく育成クラブのイメージもあるセレッソが南野もいるし受賞しそうな気がします。とは言えこれまで広島が受賞していないのはなんか変な感じですね。たまたま世代的に合わなかったのだろうか。

ノミネートクラブのトップチームへの選手
※各クラブの2種(U18)または3種(U15)チームに所属経験があり、2013シーズンにトップチームに契約した選手。

札幌(6名)
阿波加 俊太
 0試合 0分 0得点
神田 夢実
 4試合 267分 0得点
深井 一希
 19試合 1,499分 0得点
堀米 悠斗
 9試合 451分 0得点
中原 彰吾(→KHONKAEN FC/タイ)
 3試合 37分 0得点
永坂 勇人(→KHONKAEN FC/タイ)
 0試合 0分 0得点

木白(5名)
秋野 央樹
 2試合 14分 0得点
木村 裕
 3試合 43分 0得点
小林 祐介
 0試合 0分 0得点
中村 航輔
 0試合 0分
中川 寛斗(→湘南)
 7試合 291分 0得点

東京V(6名)
安在 和樹
 1試合 2分 0得点
楠美 圭史
 1試合 27分 0得点
高木 大輔
 6試合 107分 0得点
前田 直輝
 18試合 800分 1得点
吉野 恭平
 9試合 549分 0得点
ポープ ウィリアム
 0試合 0分

C大阪(4名)
秋山 大地
 0試合 0分 0得点
小暮 大器
 3試合 19分 0得点
南野 拓実
 29試合 1,540分 5得点
岡田 武瑠 (長野)
 JFL14試合 1得点

神戸(4名)
岩波 拓也
 37試合 3,223分 2得点
前田 凌佑
 0試合 0分 0得点
松村 亮
 9試合 146分 1得点
和田 倫季
 0試合 0分 0得点



 
:2013柏レイソル::
| 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | |
| 1/16PAGES | >>
≡CALENDAR ×
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡ABOUT≡
≡ブログ村≡
PVアクセスランキング にほんブログ村
≡Twitterアカウント≡
≡tassiy's Book Shelf≡