|manage|RSS1.0|Atom0.3|
ハモンロペス契約解除 | 2018柏レイソル | Tassiy’s Blog
柏レイソルのことをウダウタと書くBLOGです。

♯ ハモンロペス契約解除



・ハモン ロペス選手 契約解除のお知らせ (柏公式

多少予感的なものはありましたが、まさか契約解除とは。突然ハモンがいなくなりました。
明日移籍ウィンドウが開くのではっきりすると思いますが、ナタンは恐らくブラジル国籍での登録なのでしょう。

twitterを見ていると勘違いしている方がいるようなのですが、ナタンがブラジル国籍で登録されるからハモンが玉突きで契約解除となったわけではありません。

7月18日現在でのレイソルの外国籍枠の登録選手は
クリスティアーノ
ハモン・ロペス
キムボギョン
パクジョンス
ナタン・ヒベイロ の5人です。

2017シーズンから1チームに登録できる外国籍選手は5人まで、提携国枠は外国籍枠外というルールに変更になっています。(2016シーズンまでは「3+2」(外国籍枠3+アマチュア、プロC契約、アジア枠=1名、提携国枠のいずれか2人)そのため、ナタンがブラジル国籍だろうがそうじゃなかろうが登録上はハモンと同居ができることになります。

ただし、ベンチ入りと出場に関しては、外国籍3人+アジア枠1人+提携国枠1人(※提携国枠は外国籍枠外でのカウント)となります。これまでスタメンだったクリス、キムボギョン、パクジョンスを起用しつつ新しく採ってきたナタンも起用するとなると、ハモンかナタンを選ぶ必要が出てくるわけです。ナタンがカタール国籍での登録であれば全員同時に起用できるのですが。

ナタンは既報通りブラジル国籍での登録で、望さんにもハモンを起用する意思がなかったってことでしょうか。

となるとレイソルのこれまでならエデルソンのように契約を保持してレンタル移籍で海外へと言うパターンを取ると思うのですが、なぜそうせずに契約解除を選んだのかがちょっとよくわかりません。新たに追加で補強をするのかもしれませんし、ディエゴオリヴェイラの復帰を画策してるかもしれません。まあないと思いますが。

また、例年この時期にリリースされるJリーグ個別経営情報も気になります。レイソルの経営は2012年をピークに右肩下がり傾向です。総売上に対する人件費率もJ1で随一です。ちょっとのっぴきならないところまで来ている可能性もあるんじゃないかと。


それと、今の補強戦略の迷走っぷりについては今後反省されることはあるのでしょうか。

輪湖とユンソギョンを争わせユンソギョンを残したもののあまり活躍できず亀川、高木を獲得。

クリスとディエゴで結果を出していた16年シーズン。17年にハモンを獲得すると18年にディエゴをレンタルで放出。結果ハモンも契約解除に。

あとは現有戦力の割に過剰なボランチとか。

少し前だと、メンデス時代には前年戦力だったエドゥアルドを川崎にリリース、吉田時代には監督ともめたレアンドロが神戸にとずっとこんな感じです。

頼みのアカデミー出身者も達磨さんを切ったことを皮切りにどんどんと抜けていくなどネルシーニョ以降の補強は、伊東や小池など上手くいっている部分もあるもののそれ以上に上手くいってない部分もあるようで。

このあたりどう考えているのかなあ。

勿論獲得した選手が全員ものの見事に活躍するなんて2011年みたいなことはそうそうないとは思っているのですがそれにしても迷走してるなと。





にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

 
:2018柏レイソル::
| 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | |
レイソルの良さとは 2018 JリーグDiv.1 第16節 vs FC東京 |

♯ レイソルの良さとは 2018 JリーグDiv.1 第16節 vs FC東京

2018 JリーグDiv.1  第16節
三協フロンテア柏スタジアム 11,453人
柏レイソル 0 − 1 FC東京

−−−−−−0前0−−−−−−
−−−−−−0後1−−−−−−

得点:
得点:61’OWN GOAL




○試合前
・中断明けでございます。
・天皇杯では加藤望新体制の片鱗を見せてもらえなかったですがどうなるか。


○スタメン
・レイソルはW杯帰りの中村航輔に海外からオファーがあった小池と伊東が先発。
・中山雄太は怪我をしているのかベンチ外。
・ハモンロペスもベンチに入っていません。ナタンがブラジル国籍だとすると去就が気になります。
・そのナタンはまだ移籍ウィンドウが開いてないため登録できていません。
・天皇杯に引き続き細貝が先発。
・FC東京さんは負傷者が多数出ています。永井、前田、林彰洋、室谷、チャンヒョンスがいないのかな。
・ディエゴオリヴェイラも契約の関係で出場できません。リンスもまだ出れません。


○前半
・レイソル、東京ともに4-4-2。
・レイソルは江坂とキムボギョンがTOPでワイドに伊東とクリス。
・東京さんはいつの間にか加入してた富樫と高萩がTOP。左右に東と大森。
・しかし暑い。公式記録だと30.1度となってますが、もっと暑かったんじゃないかと。
・この暑さでプレーする選手も大変。そりゃ集中も欠くか。お互いミスが多い。
・立上りに亀川のスローインを掻っ攫われてシュート。中村航輔が横っ飛び。暑いとはいえこのプレーはマズい。
・東京さんはスタメン勢を結構欠いてたのもあってかミスが多い。レイソルも同じくらいミスが多い。
・お互いイライラする展開で両チームともファウルが増えてくる。
・ぶっちゃけワールドカップでこの試合見せられたら確実に寝落ちするかと。
・レイソルは新体制になってキャンプ明けですがどうしたいのかが良く分からず。
・大きなサイドチェンジが以前より増えたような気はしたけどしょうがなくサイドチェンジしてる感じです。
・CKなどのセットプレーも入る感じはあまりしません。


○後半
・中盤で組み立てができていないとの判断か、細貝に代えて手塚を投入。
・47分最初の決定機が柏に。伊東の抜け出しからゴール前混戦に江坂がヘディングを放つも枠を逸れる。惜しかった。
・手塚が入り良い位置でボールを受けられるようになり前半よりは良いリズム。
・大谷が珍しくゴール前まで攻めあがる惜しい場面もありました。こういう形を作りたいのかな?
・ですが、61分東京のカウンターからレイソル左サイドで亀川と東が走り合い。亀川が競り負けクロスを入れられるとパクジョンスのオウンゴールで失点。
・この際、詰めた富樫の膝が中村航輔の頭部を強打。交代となってしまいます。
・航輔は中断前の名古屋戦から2ヶ月で2回目の頭部強打となりかなり心配です。すぐの復帰はいいから大事に大事を重ねて復帰の道をとって欲しいです。なんなら今シーズンは仕方あるまい。(まだ脳震盪の診断かどうかは分からないけど)
・先制され反撃といきたいのですが、FC東京の守備が堅いです。引き気味になって伊東やクリスの前にスペースをくれません。
・中川を投入して打開を図りますがなかなかうまくいきません。
・ATは航輔負傷もあって7分。ほぼ柏が押し込んでましたが決められずというかシュートもあったか?
・中断明けは敗戦となりました。


○感想
・うーん。暑くてミスが多いのも分かりますが、それ以前にどうしたいのかよくわからず。
・レイソルの良さや選手構成と望さんがやろうとしていることはマッチしているのだろうか。
・中山雄太が復帰したらどこで起用するのだろうか?
・とはいえ今シーズンはW杯があったため夏場も過密日程です。どんどん試合がやってきます。
・なかなか厳しい夏場になりそうです。
・最近サポになった方は初めて我慢のシーズンになるかもしれないけど、いつか来た道ですから嫌にならないでね。






にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ


 
:2018柏レイソル::
| 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | |
ナタンヒベイロ期限付き移籍加入 |

♯ ナタンヒベイロ期限付き移籍加入



・ナタン ヒベイロ選手 期限付き移籍加入のお知らせ (柏公式

噂になっていたナタンヒベイロ加入のリリースが出ました。
6月28日にブラジルで報じられて2週間。少し間隔あきましたが決まりました。

加入発表のあった日の夕方、スタバにinstagramで一緒に写ってた方々(代理人?家族?)と居るところを見かけました。その後ローソンでお買い物してたのでしばらくはホテル暮らしなのでしょう。

でナタンの加入に関して2つばかし。

1)国籍問題
ブラジルの報道ではカタール国籍を有しているとのことでしたが、レイソルのリリースではブラジル国籍。そのうちJリーグの選手登録リリースがでるので、そこでハッキリする訳ですが、ブラジルだった場合出場選手の枠問題がでてきます。

7月15日現在レイソルの外国籍枠の登録選手は
クリスティアーノ
ハモン・ロペス
キムボギョン
パクジョンス
ナタン・ヒベイロ の5人。
(ユンソギョン、ディエゴ・オリヴェイラ、エデルソンがレンタル移籍中)

外国籍枠は5人までなので登録上は問題ないのですが、出場となると外国籍3+アジア枠1ですので、1人ベンチ外としなければなりません。

Jリーグには提携国枠がありまして、「Jリーグ提携国(タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール)」の国籍を有する選手は、外国籍選手ではないものとみなされます。

ナタンがブラジルの報道通りカタール国籍を保有していれば気にせず起用できますし、ブラジル国籍での登録となれば、同時には3+1人の起用になりますんで誰かが外れなければなりません。

流石にこのくらいのことはフロントも理解をしているはずなので、カタール国籍で登録できないケースというのは、その取得過程にマズそうなことがあったってのが考えられます。

少し前に東ティモール国籍を取得したブラジル人選手が剥奪されたり、元浦和のエメルソンがカタール国籍うんぬんって話(これは若い時代にブラジル世代代表に選ばれてたからだったかもですが)もありましたので。

Jリーグの選手登録でハッキリするでしょうけど、なかなかやきもきさせられます。
仮にブラジル国籍での登録となると出場枠を削ってでも獲得しなきゃいけない即戦力の選手なのかって話にもなるでしょうし。

ブラジルの報道だと買い取り権利付きのレンタル移籍だそうです。買い取り金額は150万ドル(約1.65億円)だそうです。

2)選手の獲得リリース
これは今に始まった話ではなく、自分がレイソルを見始めてからずっと抱えている問題だと思いますが、戦略なき補強を繰り返してるような。

CBだけでもここ5年で、渡部をあっさり放出し、近藤を切り、鈴木に海外に行かれ、エドゥアルドに至ってはメンデスに巻き込まれて川崎に出ざるを得ず、パトリックは役立たずで、増嶋もレンタル片道切符中。鎌田を呼び戻したと思ったら今年はパクジョンスを獲得。CBの柱と信じてた中谷は名古屋へと。

左SBもしかりFWもしかり。FWなんてディエゴ・オリヴェイラの活躍をもってしてハモン・ロペスが必要だったのかと。

そりゃ同じ選手がずっとレイソルに入れる訳なんてないとは思うのですが、どうもここ数年の補強戦略の迷走っぷりは今まで以上の酷さな気がしてなりません。

来年の意見交換会があればこの辺り、個人として誰とかではなく全体としての補強戦略の迷走っぷりについて話を聞いてみたいところです。

まあ、ナタンはこんなこと気にならないくらいの大活躍をしてくださいませ。




にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

 
:2018柏レイソル::
| 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | |
【過去のデータから】柏レイソルvsFC東京 |

♯ 【過去のデータから】柏レイソルvsFC東京



天皇杯で気分が滅入る負け方をしてしまいましたがワールドカップも終わりようやくリーグ戦再開です。
対するは目下リーグ2位と好調のFC東京。

■柏vsFC東京

○公式戦通算対戦成績
J1 14勝4分12敗 40得43失
ル杯 2勝3分3敗 7得10失
天皇杯 1勝 2得1失
ゼロ杯 1勝 2得1失
※天皇杯はJリーグクラブとして参加するようになった第72回大会以降をカウント


○FC東京戦
・リーグ戦は14勝4分12敗でホームゲームは6勝3分6敗と全くの互角。
・ホームゲームのうち三協F柏スタジアムでの試合だと4勝2分6敗と負け越しています。
・ですが、リーグ戦は16年17年とダブルを記録し柏が4連勝中です。
・2003年の最終節では2-0から4点喰らって大逆転負け&アマラオのFC東京最終試合でサポーターがピッチに乱入なんてこともありました。


○伊東純也
・伊東純也はFC東京とのリーグ戦で3試合連続ゴール中です。(17年H、17年A、16年A)
・海外移籍のうわさが出ている伊東くんですがまずは柏できっちり活躍してもらいましょう。

・そんな伊東純也、甲府時代も含め公式戦23ゴール。得点を記録した21試合は17勝2分2敗(柏では19ゴール17試合14勝1分2敗)


○ベテランの試合出場
・天皇杯山形戦でも出場した栗澤さん(山形戦で35歳10ヶ月6日での出場)。FC東京戦に出場すると35歳10ヶ月13日に更新することになります。柱谷幸一、パラシオスを抜いて最年長出場ランクで2位に浮上です。(1位はカレカの36歳1か月4日)
・澤さんも出場すると35歳6ヶ月6日となり、歴代4位となります。


○FC東京のFW事情
・FC東京さんですがここに来てFWにけが人が続出しているうえ、ディエゴオリベイラは契約上出場できませんし、中断中に獲得したリンスも登録期間外で出場できません。

・ディエゴオリヴェイラ(レンタル元の柏との公式戦は出場できない契約)
・前田遼一(左腹斜筋筋損傷、肋軟骨損傷、全治4週間。6月23日に負傷)
・永井謙佑(右肩脱臼、全治3週間以上、7月4日に負傷)
・リンス(7月5日に甲府から獲得を発表も移籍登録期限外のため出場できない)
・矢島輝一(6月23日J3相模原戦で負傷?)

FW登録の選手だと、残りは富樫敬真、原大智。
リーグ戦21ゴール中15ゴールの選手が不在(ディエゴ9+永井4+前田2)となります。

今期のFC東京は2TOPを基本フォーメーションで採用していますのでこれは長谷川監督も頭が痛いところ。
天皇杯新潟戦で出場した富樫のスタメンは固いとして相方は原になるのかMFの選手を一列上げるのか。









にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ


 
:2018柏レイソル::
| 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | |
二十四分の八 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦 vs モンテディオ山形 |

♯ 二十四分の八 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦 vs モンテディオ山形



天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦
NDソフトスタジアム山形 3,016人
モンテディオ山形 2 − 1 柏レイソル
−−−−−−0前0−−−−−−
−−−−−−2後1−−−−−−
得点:67’坂井達也 90+4’フェリペアウベス
得点:90’クリスティアーノ(PK)
□松岡亮輔 □瀬沼優司


タイトルを間違えたので修正。

○試合
・天皇杯3回戦です。
・鬼門山形NDスタジアム。



○スタメン
・大幅にメンバー変更。
・中村航輔、鎌田、中山雄太、伊東純也、ハモンロペスがベンチ外。小池、江坂はベンチスタート。
・山形も大きくメンバーを代えています。


○試合
・このインターネット万歳な時代でテキスト速報やtwitterしか便りがない試合と言うのは天皇杯くらいでしょうか。
・10年前くらいは当たり前だったのに。
・ハイライトも上がっていないので試合はまだ見れてません。
・がこの試合も繰り返してしまったようです。


・今年の公式戦は天皇杯山形戦で24試合目
・実に1/3の8試合で80分以降に失点を喰らい勝てていません。2分6敗。




・監督を変えても終了間際の失点癖はしみついてしまっているようです。
・サブ組が中心のメンバーだったので主力組が出れば違うのかもという僅かな期待。
・どうしてこんなになってしまったんでしょうねえ。
・ノゾムさんの終了後のコメントもちょっと萎える要因でした。

・まぁどんな負け方しようが、勝てなかろうがもう10数年行けるときは行く。見れるときは見れる生活を送ってるので正直あまり自分自身の変化はないのですが、耐えられない(初めての経験となる)サポータやファンも多いでしょうねえ。

にほんブログ村 サッカーブログへ

にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ

 
:2018柏レイソル::
| 12:46 | comments(1) | trackbacks(0) | |
| 1/11PAGES | >>
≡CALENDAR ×
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡ABOUT≡
≡ブログ村≡
PVアクセスランキング にほんブログ村
≡Twitterアカウント≡
≡tassiy's Book Shelf≡