|manage|RSS1.0|Atom0.3|
柏レイソルのことをウダウタと書くBLOGです。

<< たそがれの栃木路 その4(終わり) | main | やっぱりうやむやにしやがった(鹿島戦) >>

♯ ああ、やっぱり問題になったんだ(天皇杯3回戦栃木−熊本)

天皇杯3回戦で、栃木−熊本のPK戦時に栃木SCサポがアウェイ側の熊本ゴール裏でPK戦を見ようとアウェイゴール裏に入ったことが一部のサポーター(特に熊本側)で問題になってるようです。

直接観戦しており、特に両者に肩入れするわけでない他サポとして、自分が見れた範囲での様子を伝えておきましょう。

1)同点のままPK戦に突入

2)コイントスで栃木主将の佐藤が勝つ

3)佐藤主将はボール(最初に蹴る)を選択

4)熊本高橋泰主将が陣を選択

5)従って熊本エンドでのPK戦になる

6)栃木サポーターは、グリーンスタジアムでの開催であったため(ホームゲームだと思っていたことから)PK戦では栃木サイドで蹴るものだと考えていた。(周りの観客が結構そのように発言していた)

7)熊本ゴール裏に、主にバックスタンド、メインスタンドからPK戦の様子を見に行こうと人が移動する。※栃木ゴール裏からメインスタンドを通って熊本ゴール裏への移動はできない(メインスタンドはゾーン指定席のため)

8)PK戦が始まる

僕が見る限りでは、熊本サポが用意した大旗を踏んでいる人はいなかったように思いますが、レンズ越しなので細かなことまではわかりません。ブーイングなどはあったでしょうね。メインで観戦しながら、これJ1やJ2じゃありえない光景だねーと連れと話をしていましたので。

栃木のゴール裏コア部隊は固まって声だししていたため、主にメインやバックにいた栃木サポが移動したものだと思われます。現に、自分の周りにいた家族連れは、主に(あまり見たことがないPK戦を見たいという理由から)子供が見たい!と移動していくケースがあちこちで見られました。

tassiy的な問題点として。

・運営側(栃木県サッカー協会であって栃木SCではない)が栃木ユニを着た人間をアウェイゴール裏への入場を許可したこと。
・熊本サポのすぐそばまで(まさに並んだ状態)近づけさせたこと。

でしょうね。

で、ここでまた例の問題をしつこくぶり返すんですが、結局Jリーグ協会も日本サッカー協会も、安全で楽しいスタジアムとか宣言しながら、サポーターの入場禁止や主催者チームへの罰則金以外、要は何も行動に移してないんですね。問題が起こったらどう対処するかというノウハウだけで、問題をどのように防ぐか。みんな(初心者サッカーファンもコアサポも)があまり縛られたと感じないような最低限のルールの中でどうしたら問題が起きないか。を考えてないんですよ。

昨日サポーターミーティングを開催したチームもしっかりと考えるべきでしょうね。議事録を見る限り、話がホームゲーム(鹿の国)で問題が起こった場合になっているようですが、あなたたちが問題を起こしたのはアウェイゲームですから。アウェイで問題を起こしておいて、その原因は柏さんの運営にあるからここではなんとも言えませんって。自浄作用は全くないと思われてもしょうがないですね。案の定ですが。

 
:その他サッカー::
| 12:03 | comments(0) | trackbacks(1) | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

日立台と栃木グリーンスタジアムのホームとアウェイのサポ騒動。
ちょうどタイミング的に話題になってる
| 起点は妙典(仮) | 2008/10/15 12:58 PM |
≡CALENDAR ×
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡ABOUT≡
≡ブログ村≡
PVアクセスランキング にほんブログ村
≡Twitterアカウント≡
≡tassiy's Book Shelf≡