Jリーグ 各クラブのtwitter利用状況について調べてみた(2/20:J3を追記)

<2/20追記>JクラブにはJ3は含まれないの?という指摘を受けたのでJ3のチームも載せました。すいません。すいません。

昨日に続き、今日は各クラブのtwitterの利用状況を調べましたので一覧にします。
どうも綺麗に表組みが載せられなかったので、画像にして張ってます。

先ずは、表をどどんと。
<J1>


<J2>


<J3>


種類の所ですが、[公式]はチームとして公式とうたっていたもの。[マスコット]はマスコットキャラクターが更新している風のもの。[中の人]はスタッフですと明記してあるものです。

また、※が2か所ありまして、仙台と岡山です。仙台はベガッタのtwitterがあるみたいなのですがカギマーク付きでした。岡山はファジアーノは非公式なんですかね?一応入れておきましたけど。

仙台と岡山、2チームが怪しいところですが、この2チームを除けば、J1、J2でtwitterでの情報提供をしてないクラブは、ほぼ0と言うことになるのでしょうか。どのクラブも何かしらの形で情報提供をしていました。J3は少し毛色が違ってまして、福島は去年の1月までは更新していたみたいなのですが、廃止しちゃったみたいです。藤枝はHPにバナーがありますがリンクがありません。確か去年の終盤にサポーターとクラブでtwitter由来の揉め事?かなんかあったんでしたっけ?琉球もないみたいです。琉球も永井だったかが試合中に呟いたりした問題がありましたよね。

情報発信の仕方
各クラブまちまちですが、だいたい3パターンに分かれるような。

1)[公式]として発信しているクラブ
2)[マスコット]に全権委任しているクラブ
3)役割を分けて[両方]やっているクラブ

柏は2)のパターンで、セレッソや徳島、愛媛、熊本、大分と同じやり方。
川崎や大宮、横浜C、F東、湘南は3のパターン。1)のパターンは浦和、ガンバ、鹿島など。名古屋は1)のパターンを公式と軟式と言う形で使い分けていました。3)の両方やってるクラブは、公式のつぶやきを間違えてマスコットがしちゃったり、その逆というミスはないんですかね。

情報発信の回数
開設以来、10,000回以上つぶやいているクラブは、岡山、札幌(コンサブログの方)、東京V、川崎の5つだけ。ただし、札幌のコンサブログはコンサドーレが運営しているBLOGの投稿を機械的に配信してるのでちょっと除外かな。岡山は非公式なので参考記録です。

フォロワー数
フォロワー数の上位は、FC東京、マリノス、レッズの順。上位3つはフォロワー数5万以上。広島、川崎、名古屋が4万台で続きます。次いで新潟、柏までが3万以上。レイくんは意外と頑張ってますね。2万台で清水、ガンバ、湘南、松本、磐田、大宮となっています。鹿島は開設からわずか1日で10,000フォロワーを超えたのでどこまで伸びるのか楽しみ。広島は、Facebookでもtwitterでも頑張ってます。日本は、世界の中では珍しい Facebook <  twitterの国ですが、「いいね数」も「フォロワー数」も上位のチームを除けばそれほど変わらないような印象です。

開設日
最後にtwitter歴。意外や意外。レイくんが2番目に古株。ふろん太やマダム・ロビーナよりも古く、レイくん以上に古株なのは2年以上前に更新を辞めたドロンパのみ。ドロンパはなんで更新辞めたんだっけ?

今日はここまで。
東南アジアや世界にってことを考えると、英語や中国語、ポルトガル語あたりでの情報発信も考えていかないといけないのかもしれませんね。(それはJリーグの仕事なのかもしれないけど)
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL