|manage|RSS1.0|Atom0.3|
柏レイソルのことをウダウタと書くBLOGです。

<< U18日本代表メンバー発表(2015年11月イングランド遠征) | main | 日本代表メンバー発表(2015年11月ロシアW杯2次予選) >>

♯ 63年ぶりの優勝目指して

レイソルでも日本代表でもないサッカーの話。

マインツに移籍したよっちこと武藤嘉紀。今年強化指定の新潟でゴールをあげた元東京Vユースの端山豪。少し前だと清水の河井陽介、マリノスの中町公祐(武富くんのはとこらしい)。レイソル在籍者だとGK吉田宗弘。あとは札幌社長の野々村さんに松本監督の反町さんを輩出した慶應大学ソッカー部。

戦前(1937年)には天皇杯も優勝したことのある慶應ソッカー部ですが、所属している関東大学サッカーリーグ1部での優勝は1952年を最後に62年間遠ざかっています。ベイスターズも真っ青になるレベルの遠ざかりっぷりです。

ですが、今シーズンはかなり好調でして残り2試合段階で首位早稲田と勝ち点1差の2位につけています。

先週の試合終了時の上位の成績はこんな感じ。

1位 早大 38 11勝5分4敗 +6 国士(4位) 法政(6位)
2位 慶應 37 10勝7分3敗 +17 流経(5位) 明治(3位)
3位 明治 37 11勝4分5敗 +12 専修(8位) 慶應(2位)

10月24日の試合で早稲田との直接対決に敗れてしまったため、早稲田の結果次第にはなってしまいますが優勝も狙える位置。早稲田は今週末国士館、最終節は法政との試合が組まれています。慶應は対戦相手的には早稲田より少し厳しく流経大と明治との対戦です。

最終節、早稲田の試合が15日、慶應対明治の試合が14日開催となっているため、自力で優勝胴上げをするためには今節慶應が勝利したうえで早稲田が引分け以下に終わる=順位がひっくり返った状態で最終節を迎える必要があります。

ちなみに、慶應の最終節の会場は川越運動公園陸上競技場。そうレイソルが1994年にJリーグ昇格を決めた場所です。

63年ぶりの優勝。してもらいたいです。

関東大学サッカー上位に出場権が与えられるインカレ(全日本大学サッカー選手権大会)の方は、1969年を最後に優勝から遠ざかっています。こちらは45年遠ざかっている計算になります。


 
:その他サッカー::
| 00:56 | comments(2) | trackbacks(0) | |

♯ コメント

ですです。
現役の頃はサッカーにあまり興味がなかったので、、、見たことなかったんですけどね。
| 管理人 | 2015/11/06 1:00 AM |
ブログ拝読しています。
もしかして慶応出身でしょうか?
私は駒沢なので野球・サッカー・駅伝とも
結果が気になります。
| DSK | 2015/11/05 9:19 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

≡CALENDAR ×
<< October 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡ABOUT≡
≡ブログ村≡
PVアクセスランキング にほんブログ村
≡Twitterアカウント≡
≡tassiy's Book Shelf≡