レイソル 公式戦通算得点ランク(2019年37節時点)

 

 

2019年10月21日:J2 37節まで更新
2019年01月22日:2018年シーズン終了まで更新

2018年03月20日:更新
2017年02月21日:初回更新

 

 


J1リーグ・J2リーグだけでなく、ルヴァン杯や天皇杯、ACLなどを含めた公式戦通算得点ランキングです。

 

公式戦の定義ですが、Jリーグによると、J1リーグ、YBCルヴァンカップ、J2リーグ、J3リーグ、明治安田生命チャンピオンシップ、J1・J2入れ替え戦、ゼロックススーパーカップに加え、過去に行われていたJサテライトリーグ、サントリーカップ、J1参入決定戦、オールスター、Jリーグドリームマッチ、J1昇格プレーオフ、JOMO CUP、Jリーグスペシャルマッチも含まれるようです。去年あったワールドチャレンジも公式戦扱いのようです。

 

一応、ここではJ1、J2、J3のリーグ戦、ルヴァン杯、ゼロックススーパーカップ、入替戦に天皇杯とアジアチャンピオンズリーグ、クラブワールドカップ、スルガ銀行カップで計算してます。ACLにACLプレーオフは含めました。

他にもJ3で2014年にあったU-22チームやアンダーカテゴリーチームでの得点はどういう扱いになるのかありますが、一旦脇に置いておくことにします。

あと、天皇杯ですが、Jリーグのチームが参加するようになった第72回大会(1992年)以降を対象としています。


余談ですが、この手の記録を調べる時は

・Jリーグ公式 データサイト
https://data.j-league.or.jp/SFTP01/
・Soccer D.B
https://soccer-db.net/
・ふっとぼーるがいすと
http://footballgeist.com/
・ファンタジーサッカー研究室
http://soccer.from.tv/match.html
・Football LAB
http://www.football-lab.jp/
・WorldCup's world
http://worldcdb.com/
・レイソル10年史、各年度のイヤーブック

を使っています。Jリーグ公式とFootball LAB以外は個人の方のサイトです。ふっとぼーるがいすとさんは更新辞めちゃってますが、どのサイトも素晴らしいです。たまにサイトによって数字が違ってたりするのでそう言った場合は2~3のサイトやレイソルの10年史を遡っています。中継でときおり実況の方が言うような【この試合に勝つと○○連勝ですね】とか【だれそれ選手がゴールを決めると○○連勝】みたいな記録がサクッと調べられると良いのだけどなあ。そんなマニアックなニーズはあまりないのだろうか。

記録は、2019年10月20日現在です。

クリスティアーノが歴代2位にランクアップしています。また、江坂さん、オルンガ様がランクに登場しました。瀬川君は19得点なのであと1点でランクインです。一応、公式戦20点以上を対象にしてます。また、旧JFL時代は扱いが困るのですが、カウントから外しました。往年の選手がここにかかってきます。望さんとか呂比須ワグナーとか。

 

○レイソル 公式戦通算得点ランキング

  合計  J1  J2  ル杯  天皇杯 ACL※ CWC ゼロ杯 スル銀 入替戦
工藤壮人 92 56 10 9 6 10 1 0 0 0
クリスティアーノ 76 43 14 1 12 6 0 0 0 0
北嶋秀朗 73 52 11 6 4 0 0 0 0 0
エジウソン 65 51 0 14 0 0 0 0 0 0
加藤望 63 46 0 13 4 0 0 0 0 0
田中順也 63 38 6 7 5 6 1 0 0 0
レアンドロ・ドミンゲス 63 26 13 4 10 8 1 1 0 0
ベンチーニョ 37 35 0 2 0 0 0 0 0 0
フランサ 32 22 7 1 2 0 0 0 0 0
玉田圭司 31 30 0 0 1 0 0 0 0 0
レアンドロ 29 16 0 6 1 5 0 0 1 0
李忠成 28 16 8 3 1 0 0 0 0 0
ジョルジ・ワグネル 27 20 0 3 1 2 0 1 0 0
大野敏隆 27 19 0 5 2 0 0 0 0 1
酒井直樹 27 16 0 3 8 0 0 0 0 0
菅沼実 26 21 0 3 2 0 0 0 0 0
大谷秀和 26 17 3 2 3 1 0 0 0 0
江坂任 24 9 9 1 4 1 0 0 0 0
渡辺毅 22 17 0 5 0 0 0 0 0 0
ディエゴ・オリヴェイラ 21 17 0 3 1 0 0 0 0 0
ディエゴ 21 0 21 0 0 0 0 0 0 0
伊東純也 21 19 0 0 1 1 0 0 0 0
オルンガ 21 3 16 2 0 0 0 0 0 0
武富孝介 20 14 1 1 0 4 0 0 0 0
カレカ 20 12 0 8 0 0 0 0 0
0
※ACLにはプレーオフ2度を含む

工藤くんが1位。結構ぶっちぎってます。

 

2位はクリスティアーノ。76点まで伸ばしています。クリスも15年、16年後半、17年〜19年と4年半の在籍になります。かなりの得点力です。

 

3位にキタジ。

4位にエジウソンが入りますが、このあたりは混戦で5位田中順也、6位レアンドロ・ドミンゲス、7位加藤望は63点で並びます。

 

8位に古株ベンチーニョ。レイソルがずっと保有権を持ったまま色んなクラブを渡り歩いて結果を出してました。今思うになんで戻さなかったんでしょうね。

9位がフランサ。柏レイソル史上最も長い間契約した外国籍選手ですね。

 

大谷がルヴァン杯で1点あげまして16位タイ。

江坂さんはその次で17位。

伊東純也とオルンガ様が21点で19位タイ。19位タイはディエゴ、ディエゴ・オリヴェイラとなかなかのメンバー。

 

20ゴール以上の選手を掲載しています。漏れはたぶんナイと思います・・・

ちなみに、DFで唯一ランクインしているのが渡辺毅。10年の在籍で22ゴールを挙げています。(最近だと鈴木大輔が3年の在籍でリーグ戦7得点を記録しているのでナベタケさんもそんな感じだったのでしょう)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 サッカーブログへ

 

もともとは、twitterのタイムラインを追っていたらアーセナルのウォルコットが通算100得点を達成したとのtweetを見かけましたということが発端です。
 


海外サッカーはウイニングイレブンくらいの知識しかないので、ウォルコット=足が早いウィンガー。昔で言うババンギダみたいなイメージしかなく凄さがわからないのですが、こうした記録系のネタ大好きです。

で、色々調べてみようと。

○100ゴールにはどこまで含まれるのか

まず、100ゴールはどこまで含まれるているのかってことですが、

・イングランドプレミアリーグ
・イングランドFA杯
・イングランドリーグカップ
・ヨーロッパチャンピオンズリーグ
・FAコミュニティ・シールド

とクラブ公式戦での合計のようです。

この手のゴール数の話は年に何回かニュースになりますが、リーグ戦のみだったり、キャリア通算だったり(クラブの新全試合や代表も含めた数字)基準があるわけじゃなさそうです。

キリが良くてニュース性が高ければ報じられちゃうのでしょう。(まぁだいたいメッシやクリスティアーノ・ロナウドの話が報じられるケースが多いですが)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL