|manage|RSS1.0|Atom0.3|
柏レイソルのことをウダウタと書くBLOGです。

<< 敗退 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 vs横浜Fマリノス | main | 2017年を振り返る >>

♯ ACL 2018 出場枠の行方(1月1日版)



01月06日:全チーム確定しました
12月25日:天皇杯準決勝まで更新。更新はあと1回。
12月18日:フィリピン決定。これで残るは日本の天皇杯のみ。
12月12日:フィリピン分を更新
12月06日:AFC公式サイトに記載されたので更新、グループステージ日程を反映
12月04日:日本Jリーグ、韓国FA杯を更新。残すは日本天皇杯とフィリピン
11月30日:色々追記
11月28日:ベトナムの結果間違えてましたので訂正します。ごめんなさい。
11月27日:中国FA杯の結果を更新。未決定は日本、韓国FA杯、フィリピンのみ
11月25日:11月25日分まで更新
11月20日:11月19日分まで更新
11月13日:11月代表ウィーク分まで更新
11月06日:11月05日分まで更新
10月30日:10月29日分まで更新
10月23日:10月22日分まで更新
10月16日:10月代表ウィーク明け分を更新
10月02日:10月01日分まで更新
09月21日:9月20日分まで更新。スケジュール追加。
09月04日:9月1週代表ウィーク分まで更新
08月16日:8月2週目分まで更新
07月06日:初回更新
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



<12月25日>
がんばれセレッソ。お願いします。

<12月18日>
フィリピンの優勝チームがセレスに決まりました。これで来年のACLは天皇杯絡みで決まっていない日本の2チーム(チームとしては1つか)のみとなりました。

<12月12日>
日本以外で唯一残っているフィリピンを更新しました。

<12月06日分>
ACL 2018の組合せ抽選会がおこなわれ、グループステージの組合せが決まりました。これに伴い日程も決定しています。

<12月04日分>
更新しました。Jリーグが全日程を終え、韓国もFA杯が終わりました。
残すは日本の天皇杯とフィリピンになりますが、ここに来て西地区を中心にAFCライセンスをクリアしていない理由などで出場権が剥奪されるかも/されたというニュースが増えています。
正直AFCの定義が良く分からんのですが・・・まぁ決まり次第更新します。西地区だから来年の決勝までは関係ないし。

<11月30日分>
更新しました。韓国FA杯1stレグがおこなわれました。&Jリーグも33節延期分が終了しています。
また、ライセンスに絡む出場国の変更があります。

<11月25日分>
あらたにベトナム、タイ(FA杯)で出場国が決まりました。
ACL 2017で浦和が10年ぶりに優勝しました。おめでとうございます。前回優勝国の出場枠は2009年大会からなくなっているため浦和は来年のAFC チャンピオンズリーグに出場できませんが、来年はどんな大会になるでしょうか。

来年のACL 2018における出場枠は、ACL 2017とは関係なく既に確定しておりまして、日本からは3+1の出場が決まっています。細かいルールも恐らくACL 2017と同様です。

というわけで毎年恒例の現時点での出場チームと各国の状況をまとめます。ソースはAFC公式サイト、Soocerwayなどが主です。これはいままでと変更ありません。

間違いがあったら生ぬるく指摘してくださいませ。

●ACL 2018国別出場枠数[東アジア]

韓国    (3|1|0|0)
日本    (3|1|0|0)
中国    (2|2|0|0)
豪州※   (2|0|1|0)
タイ    (1|0|2|0)
香港    (1|0|1|0)
ベトナム  (0|0|1|0)
マレーシア (0|0|1|0)
インドネシア(0|0|0|1)
ミャンマー (0|0|0|1)
フィリピン (0|0|0|1)
シンガポール(0|0|0|1)
※( )内の表記は、グループステージ直接|プレーオフラウンド|予選2回戦|予選1回戦の最大の枠数です。

また、2019年のACLについても各国の出場枠が決まりました。
こちらはミネ月さんのBLOGをお読みください。

2017ACL→2018ACL→2019ACLへの流れを一覧化する

【我々は2019年・2020年のACLストレートイン一枠を「失ってしまった話」・確定版-改2】



●レイソルがACL 2018に出場するために


天皇杯準決勝で柏、セレッソが勝ち上がればその時点でレイソルはプレーオフ以上が決まります。また、準決勝で負けてもセレッソ次第でプレーオフの可能性が残ります。

●ACL2018 東地区 組合せ&スケジュール

本日ACLの組合せ抽選会がおこなわれスケジュールと組合せが決まりました。
グループリーグ初戦は2月12日〜14日。例年だとちばぎんカップが行われるくらいの時期に公式戦の初戦をしなければいけません。

さらにプレーオフだと1月30日が初戦になります。2015年にプレーオフに出場した際は、2月17日でしたので(雨でめちゃくちゃ寒かったです)2週間以上前に初戦を迎えることになります。

◎プレーオフ
PO1
予選2回戦 01月23日(火) 東方★ vs FLCタインホア
プレーオフ 01月30日(火) 水原三星★ vs 2回戦勝者 

PO2
予選2回戦 01月23日(火) ムアントンU★ vs ジョホール・ダルル・タクジムFC
プレーオフ 01月30日(火) 柏★ vs 2回戦勝者 

PO3
予選1回戦 01月16日(火) バリU★ vs タンピネス・ローヴァーズ
予選2回戦 01月23日(火) チェンライU★ vs 1回戦勝者
プレーオフ 01月30日(火) 上海上港★ vs 2回戦勝者

PO4
予選1回戦 01月16日(火) シャン・ユナイテッド★ vs セレス
予選2回戦 01月23日(火) ブリスベンロアー★ vs 1回戦勝者
プレーオフ 01月30日(火) 天津権健★ vs 2回戦勝者

ここからはグループステージの日程です。

◎Group E
全北現代【韓国Kリーグ1位】/傑志【香港プレミアリーグ1位】/PO4勝者(天津権健、ブリスベンロアーなど)/PO2勝者(柏、ムアントンUなど)

PO2勝者の日程
MD1 02月13日(火)  A vs全北現代
MD2 02月20日(火)  H vsPO4勝者
MD3 03月06日(火)  H vs傑志 
MD4 03月14日(水)  A vs傑志
MD5 04月04日(水)  H vs全北現代
MD6 04月18日(水)  A vsPO4勝者
※日付は変更される可能性あり

●Group F
川崎【日本Jリーグ1位】/蔚山現代【韓国FA杯勝者】/メルボルン【豪州Aリーグ2位】/PO3勝者(上海上港、チェンライUなど)

川崎の日程
MD1 02月13日(火)  H vsPO3勝者
MD2 02月20日(火)  A vs蔚山現代
MD3 03月07日(水)  H vsメルボルン
MD4 03月13日(火)  A vsメルボルン 
MD5 04月04日(水)  A vsPO3勝者 
MD6 04月18日(水)  H vs蔚山現代
※日付は変更される可能性あり

●Group G
広州恒大【中国超級リーグ1位】/C大阪【天皇杯勝者】/済州U【韓国Kリーグ2位】/ブリーラム【タイTリーグ1位】

天皇杯勝者の日程
MD1 02月14日(水)  A vs済州U
MD2 02月21日(水)  H vs広州恒大
MD3 03月06日(火)  A vsブリーラム 
MD4 03月14日(水)  H vsブリーラム 
MD5 04月03日(火)  H vs済州U
MD6 04月17日(火)  A vs広州恒大
※日付は変更される可能性あり

●Group H
シドニーFC【豪州Aリーグ1位】/上海申花【中国FA杯勝者】/鹿島【日本Jリーグ2位】/PO1勝者(水原三星など)

鹿島の日程
MD1 02月14日(水)  H vs上海申花
MD2 02月21日(水)  A vsPO1勝者
MD3 03月07日(水)  A vsシドニーFC 
MD4 03月13日(火)  H vsシドニーFC 
MD5 04月03日(火)  A vs上海申花
MD6 04月17日(火)  H vsPO1勝者
※日付は変更される可能性あり


◎決勝トーナメント
ラウンド16 1st 18年05月07〜09日
ラウンド16 2nd 18年05月14〜16日
準々決勝  1st 18年08月27〜29日
準々決勝  2nd 18年09月17〜19日
準決勝   1st 18年10月01〜03日
準決勝   2nd 18年10月22〜24日
決勝    1st 18年11月03日
決勝    2nd 18年11月10日


●ACL 2018現在の状況[東アジア]
 
○グループステージ直接(GroupsE〜H)
国  条件 確定チーム/現況
韓国 2017Kリーグ1位
→33+5節/38節→[全北現代]
韓国 2015韓国FA杯勝者
→準決勝→[蔚山現代]
韓国 2017Kリーグ2位
→33+5節/38節→[済州]
日本 2017Jリーグ1位
→32節/34節→[川崎]
日本 2017天皇杯勝者
→準決勝決定→[C大坂]
日本 2017Jリーグ2位
→32節/34節→[鹿島]
中国 2017中国超級リーグ1位
→30節/30節→[広州恒大]
中国 2017中国FA杯勝者
→決勝進出チーム決定→[上海申花]
豪州 2016−17Aリーグ1位
[シドニーFC]
豪州 2016−17Aリーグ2位
[メルボルンビクトリー]
タイ 2017タイTリーグ1位
→暫定33節/34節→[ブリーラムU]
香港 2016−17プレミアリーグ1位
[傑志]

○プレーオフラウンドから参加   
韓国 2017Kリーグ3位
→33+5節/38節→[水原三星]
日本 2017Jリーグ4位※繰り上がり
→32節/34節→[柏]
中国 2017中国超級リーグ2位
→30節/30節→[上海上港]
中国 2017中国超級リーグ3位
→30節/30節→[天津権健]

○プレーオフ予選2回戦から参加
豪州 2016−17Aリーグ3位
[ブリスベンロアー]
タイ 2017タイFA杯勝者
→決勝進出チーム決定→[チェンライU]
タイ 2017タイTリーグ2位
→暫定33節/34節→[ムアントンU]
香港 2016−17プレミアリーグ2位
[東方]
越南 2017Vリーグ1位
→25節/26節→クアンナムFLCタインホア]
馬国 2017スーパーリーグ1位
→22節/22節→[ジョホール・ダルル・タクジムFC]

○プレーオフ予選1回戦から参加
印尼 2017リーグ1 1位
→34節/34節→[バリ ユナイテッド]
緬甸 2017ナショナルリーグ1位
→22節/22節→[シャン・ユナイテッド]
比国 2017フットボールリーグ1位
→暫定28節/28節+ファイナルステージ
[セレス]
星国 2017Sリーグ1位
→24節/24節→[タンピネス・ローヴァーズ]




●ACL クラブライセンス保持クラブ(2017)
各国で出場枠を確保することに加えてAFCのクラブライセンスを保有しなければACLには出場できません。2017年のライセンス保有クラブはAFC公式サイトに一覧になっています。

AFCライセンス保有クラブ(2017)

●各国の状況

[日本]
○リーグ戦:34節/34節
全日程が終了しました。

川崎の逆転優勝となりついに無冠からの卒業です。最終結果は、1位川崎(72)、2位鹿島(72)、3位セレッソ(63)、4位柏(62)、5位マリノス(59)、6位磐田(57)となりました。

1位川崎と2位鹿島はグループステージにストレートインとなります。
3位セレッソは今のところACLプレーオフからですが、天皇杯の結果次第で変わってきます。


○天皇杯:決勝終了
決勝も終了しまして、C大阪様が優勝。レイソルは繰り上がりでプレーオフ進出です。

準決勝が終わりました。決勝はセレッソvsマリノス。セレッソが勝てばレイソルは繰上りでプレーオフです。

天皇杯準々決勝が10月25日に行われ、神戸、セレッソ、マリノス、柏が勝抜けました。神戸以外はJリーグで3位争いを演じているチームです。準決勝は12月23日に行われます。

天皇杯は4回戦が9月20日に行われ、神戸、鹿島、セレッソ、大宮、マリノス、磐田、川崎、柏が勝ち上がりました。リーグ戦の上位5チームはいずれも勝ち残っています。準々決勝は10月25日に行われ、その後中断期間があり準決勝は12月23日、決勝は1月1日です。


[韓国]
○リーグ戦:33+5節終了/38節

Kリーグ(K LEAGUE CLASSIC 2017)は12チーム3回戦制で33節まで戦い、そこから上位6チーム、下位6チームとに分け5試合を戦う合計38節で優勝チームを決定します。

33節のレギュラーシーズンが終了し、チャンピオンシップラウンドも5試合終わり全日程が終了しました。

これで、韓国Kリーグは1位全北(75)、2位済州(66)までが確定しました。3位争いは混戦で3位水原三星(64)、4位蔚山(62)、5位FCソウル(61)となりました。

この結果、1位全北、2位済州はグループステージにストレートインが決定し、3位水原三星はプレーオフからの進出が決まりました。

○FA杯 :決勝終了
韓国FA杯決勝は2ndレグ制でおこなわれますが、第1戦:蔚山が2-1で勝利、第2戦:0-0引分となり、蔚山が優勝を決めています。

韓国FA杯(Korean FA Cup 2017)は、9月27日と10月25日に準決勝が行われ、、蔚山と木浦市庁(韓国ナショナルリーグ=3部)の対戦は蔚山が1-0で勝利。釜山vs水原三星の対戦は釜山が勝利となりました。

準々決勝。●全南vs○釜山、○水原vs●江原、○蔚山vs●尚州尚武、●城南vs〇木浦市庁となりました。韓国ナショナルリーグ(3部相当)に所属している木浦市庁が準決勝進出を決めています。


[中国]
○リーグ戦:全日程終了/30節

中国超級リーグ(CHINESE SUPER LEAGUE 2017)は16チーム2回戦制、合計30試合で優勝チームを決定します。

11月04日に30節が行われ全日程が終了しました。
最終結果は、1位広州恒大(64)、2位上海上港(58)、3位天津権健(54)、4位河北華夏(52)、5位広州富力(52)、6位山東魯能(49)となりました。

中国FA杯で上海上港が勝利すれば、FA杯枠でグループステージにストレートインとなり、3位天津権健、4位河北華夏がそれぞれ繰り上がります。上海申花が勝利すればそのままです。

○FA杯 :決勝終了
中国FA杯(CHINESE FA CUP 2017)
決勝は上海申花vs上海上港の上海ダービーとなりました。
26日に2ndレグが行われました。上海上港が上海申花に3-2で勝利しましたが、アウェイゴールの差で上海申花が優勝となりました。

19日に1stレグが行われ上海申花が1-0で勝利しています。

中国超級リーグで2位となった上海上港はFA杯で優勝するとACLはストレートインが決まります。FA杯で敗れるとプレーオフからとなります。

この両チームはかなり仲が悪いので、ピッチ外の問題が起きなければ良いのですが・・・

準決勝
上海申花vs上海申キン(2部)の対戦は、2試合とも上海申花が1-0で勝利。上海上港vs広州恒大の対戦は、2-1、4-1で上海上港が2試合を制しています。


[タイ]
○リーグ戦:34節/34節

タイリーグ(TOYOTA THAI LEAGUE 2017)は、18チーム2回戦制、合計34試合で優勝チームを決定します。SEAゲームズ中断期間が終わり9月10日に再開しています。

タイも全日程が終了しました。
1位ブリーラム(86)、2位ムアントンU(72)、3位バンコクU(66)、4位チェンライU(60)、5位バンコクグラス(56)となりました。

この結果1位ブリーラムがグループステージにストレートイン、2位ムアントンUがプレーオフ予選2回戦からの進出が決まりました。


○FA杯:決勝終了
タイFA杯決勝が11月25日に行われました。
チェンライUがバンコクUを4-2で下し優勝とACLプレーオフ予選2回戦からの出場を決めました。

準決勝(11月1日)
○チェンライU vs ムアントンU
JLチェンマイ・ユナイテッド vs バンコクU○
となりました。4部JLチェンマイが敗れてしまいました。

準々決勝(10月18日)
PTTラヨーン(2部)vs ○ムアントンU(1部)
○JLチェンマイ・ユナイテッド (4部)vs ノンブア・ピチャヤFC(2部)
スパンブリー(1部)vs ○バンコクU(1部)
○チェンライU(1部)vs ブリーラムU(1部)
が勝ち上がっています。

3回戦(9月27日)
JLチェンマイ・ユナイテッド (4部)、ノンブア・ピチャヤFC(2部)、ブリーラムU(1部)、PTTラヨーン(2部)、ムアントンU(1部)、スパンブリー(1部)、バンコクU(1部)、チェンライU(1部)の8チームが勝ち上がっています。


[ベトナム]
※タインホアが優勝と書いてしまっていましたが、クアンナムの間違いでした。失礼しました。

○リーグ戦:26節/26節

ベトナムVリーグ1(Toyota V.League 1 2017)は、14チーム2回戦制、合計26試合で優勝チームを決定します。

ベトナムVリーグは最終節が25日に行われました。ハノイ、FLCタインホア、クアンナムの3クラブが同じ勝ち点で並んでいましたが、ハノイがドローに終わり、クアンナムが優勝となりました。 FLCタインホアがうれしい初優勝を決めています。

最終結果は、1位クアンナム(48)、2位FLCタインホア(48)、3位ハノイ(46)、4位サイゴン(43)、5位タン・クアンニンFC(43)、5位サンナ・カインホア(41)となりました。1位と2位は直接対決の結果(クアンナムから見て1-1、3-2)で決まりました。

これでFLCタインホアがプレーオフ予選2回戦に進出となりますが、2017年版ではACLに出るためのライセンスを取得していないのでどうなりますか。

クアンナムがプレーオフ予選2回戦から進出となります。(AFC ライセンスを持っていれば)

と書いていたのですが、優勝したクアンナムはAFCが定めるアンダーカテゴリーの活動基準を満たしていないとのことでACL 2018の出場権は2位となったFLCタインホアに決まったそうです。(ベトナムVリーグで5チームしか満たしていないとのこと)


[マレーシア]
○リーグ戦:22節/22節

マレーシアスーパーリーグ(MALAYSIA SUPER LEAGUE 2017)は、12チーム2回戦制、合計22試合で優勝チームを決定します。

全日程が終了しました。
1位ジョホール・ダルル・タクジムFC(49)、2位パハン(40)、3位FELDAユナイテッド(39)、4位ケダFA(35)となりました。ジョホール・ダルル・タクジムFCは予選2回戦からの進出です。


[インドネシア]
○リーグ戦:34節/34節

インドネシアリーガ1(GO-JEK TRAVELOKA LIGA 1 2017)は、18チーム2回戦制、合計34試合で優勝チームを決定します。

インドネシアリーガ1は11月12日に全日程を終えました。その結果、1位バヤンカラ ユナイテッド(68)、2位バリユナイテッド(68)、3位PSMマカッサル(65)、4位ペルシジャ・ジャカルタ(61)、5位マドゥーラ・ユナイテッド(60)、6位プルシプラ・ジャヤプラ(60)となりました。

インドネシアリーガ1の順位決定方法は、勝点、直接対決の結果、得失点差、得点数となっています。1位バヤンカラUと2位バリUは同じ勝ち点でしたが、直接対決で上回ったバヤンカラUが優勝を決めました。

ただし、優勝したバヤンカラUはAFCクラブライセンスを保有していなかったため、ACLプレーオフ予選1回戦への進出チームは2位のバリUとなっています。

インドネシアリーガ1でAFCライセンスを保有しているクラブは、プルシブ・バンドン、アレマ・インドネシア、バリユナイテッド、マドゥーラ・ユナイテッド、プルシジャ・ジャカルタの5クラブとのことです。


[ミャンマー]
○リーグ戦:22節/22節

MYANMAR NATIONAL LEAGUE 2017は、12チーム2回戦制、合計22節で優勝を決定します。

ミャンマーナショナルリーグは全日程が終了しています。
1位シャンユナイテッド(54)、2位ヤンゴンユナイテッド(52)、3位ヤダナボン(47)、4位エーヤワディー・ユナイテッド(36)、5位ラカイン・ユナイテッド(34)となりました。
この結果、シャン・ユナイテッドがプレーオフ予選1回戦からの進出となります。


[フィリピン]
○リーグ戦:28節/28節+ファイナルステージ

フィリピンフットボールリーグ(Philippines Football League)は、2017年から新リーグとなったリーグで、8チームが参加しており、ホーム&アウェイを2回=合計28節戦ったあと上位4チームでファイナルステージを戦う概要となっているようです。

フィリピンフットボールリーグ ファイナルステージ決勝が行われまして、セレスがグローバルを4-1で破り初優勝となりました。(フィリピンフットボールリーグは2017年からの新大会)
これでACLプレーオフ1回戦に進出です。

フィリプンフットボールリーグはファイナルステージ準決勝が終わりました。

4位グローバルvs1位メラルコスパークスの対決は1stレグでグローバルが2-1で勝利、2ndレグは1-1で引き分けのため、4位グローバルが決勝に進むことになりました。リーグ戦を1位で通過したロヨラメラルコスパークスは敗退です。

3位カヤvs2位セレスは、セレスが1-0、2-1で2勝し決勝進出となりました。

フィリプンフットボールリーグもレギュラーシーズンが終わりました。レギュラーシーズンの最終順位は、1位はロヨラ メラルコ スパークス(58)、2位セレスFC(57)、3位カヤ(47)、4位グローバルFC(47)となりました。


[シンガポール]
○リーグ戦:24/24節

シンガポールGreat Eastern-Hyundai S.Leagueは、9チーム3回戦制、合計24試合で優勝を争います。

シンガポールは19日に全日程が終了しました。優勝はアルビレックス新潟S(62)、2位タンピネス・ローヴァーズ(54)、3位ホームユナイテッド(50)、4位ゲイラン・インターナショナルFC(36)、5位ウォーリアーズ(34)となりました。

1位のアルビレックス新潟Sが優勝を決めましたが、日系チームのためACLの出場権はありません。したがって2位のタンピネス・ローヴァーズがプレーオフ予選1回戦からの進出となります。



●ACL 2018出場国(12月6日)[西アジア]
西地区は、AFCライセンスの関係でサウジやイラク、シリアなどで出場権剥奪のチームが数多く出てると報じられています。AFC公式に出場チームが発表されましたので更新します。
 
○グループステージ直接(GroupsA〜D)
国    条件 確定チーム/現況
UAE  16−17UAEリーグ1位
→アル・ジャジーラ
UAE  16−17UAEカップ勝者
→アル・ワハダ
UAE  16−17UAEリーグ2位
→アル・ワスル

サウジ  16−17サウジリーグ1位
→アル・ヒラル 
サウジ  16−17サウジリーグ2位
→アル・アハリ ※1
サウジ  16−17サウジリーグ3位
→アル・ナスル ※1


イラン  16−17イランリーグ1位
→ペルセポリス
イラン  16−17イランカップ勝者 ※2
→ナフト・テヘラン

イラン  16−17イランリーグ2位
→トラクタール・サジ
イラン  16−17イランリーグ3位
→ペルセポリス

カタール 16−17カタールリーグ1位
→アル・ドュハリ(旧レフウィヤSC)※3
カタール 16−17カタールカップ勝者
→アル・サッド ※3
カタール 16−17カタールリーグ3位
→アル・ラーヤン ※3

ウズベク 2017ウズベクリーグ1位
[ロコモティブタシケント]

○プレーオフラウンドから参加
UAE  16−17UAEリーグ3位
[アル・アイン] ※4
イラン  16−17イランリーグ4位
→ゾブ・アハン
カタール 16−17カタールリーグ5位
→アル・ガラファ ※2 ※3
ウズベク 2017ウズベクリーグ2位
[ナサフ・カラシ]
ウズベク 2017ウズベクリーグ3位
[パフタコール]
ヨルダン 16−17ヨルダンリーグ1位
[アル・ファイサリー・アンマン]
インド  16−17インドIリーグ1位
→アイザウル
バーレン 16−17バーレーンリーグ1位
→マーリキーヤ

※0 イラク、シリア、レバノンはACL基準を満たせなかったため出場枠を認められず
※0 クウェートは、クウェートサッカー協会へ同国政府の介入がある件が解消されていないためFIFAにより出場停止処分を受けている。
※1 サウジは出場権を獲得したチームがAFCライセンス取得ができず、代わりのチームもなかったため出場枠が2つに。
※2 イランカップ戦勝者のナフト・テヘランはAFCライセンスを取得できなかったため以下繰り上げ

※3 カタールカップ勝者のアル・サッドはカタールリーグ2位だったため以下繰り上げ
※3 カタールリーグ4位だったアル・ジャイシュが16-17シーズン後レフウィヤSCと合併したため繰り上げ
※4 UAEリーグ4位のアル・アインが繰り上げ。

●ACL 2018出場枠決定方法

・AFCランキング上位24協会はグループリーグもしくはプレーオフに出場できる。出場を希望する協会はAFC評価システムに従い評価ポイントと順位が定められる。
・東西両地区ともに、合計12のグループリーグ参加枠と4つのプレーオフ勝者枠が与えられる。
・東西両地区の上位6協会は、最低限必要な評価ポイントを得ていれば、グループリーグ参加枠が与えられる。残りの協会については、参加最低基準を満たせばプレーオフ参加枠が与えられる。
・東西両地区において選ばれるチーム数は下記の通り
 └1位2位の国:3+1
 └3位4位の国:2+2
 └5位の国  :1+2
 └6位の国  :1+1
 └7位〜12位 :0+1
・各国において最大の出場枠は、その国のトップリーグに所属するクラブの1/3となる。(例えば、オーストラリアのAリーグは10チームから成り立っており、最大の出場枠は3チームとなる) 

●AFC Member Associations Rankingとは

・AFC MAランキングとは、AFCが所属協会をランク付けするために使用されるランキングです。
・ランキングは
 ‖緝愁櫂ぅ鵐函並緝愁繊璽爐寮績)
 ▲ラブポイント(AFC主催試合でのクラブチームの成績)
で構成されます。
・100点満点で数値化され、‖緝愁櫂ぅ鵐箸30%、▲ラブポイントが70%の割合となります。
※2019年と20年は‖緝愁櫂ぅ鵐10%、▲ラブポイント90%、2020年と21年は▲ラブポイント100%と徐々にクラブポイントだけで算出されるようになることが決まっています。
・2018年の出場枠は、過去4年間(2013〜2016)の成績が対象となります。

細かい計算は、ミネ月さんのBLOGが相当詳しいのでそちらをお読みください。
http://jalanjalansepakbola.hatenadiary.com/entry/2016/05/31/104647



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:Jリーグ

 
:その他サッカー::
| 17:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |

♯ コメント

Shunさんコメントどうもです。

韓国FA杯枠、悩ましいですね。
AFCのページにあるライセンスは昨年のものですよね。たしか。

釜山の本拠地は日韓ワールドカップ開催地なので、スタジアム的には楽々ACLライセンスをクリアしそうなのと、2部からのACLは10年以上前に東京Vが出たことがありますので、Kリーグと釜山の判断になるんじゃないかなと思っています。

ただ、今年香港リーグ1位枠の東方が出場を辞退した際にAFCがNGを出したりしているので、ライセンスに起因しない辞退は認められないのかもしれません。
| 管理人 | 2017/11/27 11:01 PM |
韓国カップ戦については、現実的に蔚山現代で決定なのではないでしょうか。

根拠
1 AFCのホームページを見ると、参加ライセンスを得ているクラブに釜山が存在しないこと。

2 釜山は2部残留が決定している点。2部は出場不可という規定はないが1に関連する。
| Shun | 2017/11/27 7:36 PM |

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

≡CALENDAR ×
<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡ABOUT≡
≡ブログ村≡
PVアクセスランキング にほんブログ村
≡Twitterアカウント≡
≡tassiy's Book Shelf≡