急募セットプレーでゴールが奪える方法 2018 JリーグDiv.1 第8節 vs 北海道コンサドーレ札幌(DAZN)

maxresdefault.jpg

2018 JリーグDiv.1  第8節
三協フロンテア柏スタジアム 9,533人
柏レイソル 1 − 2 北海道コンサドーレ札幌

−−−−−−0前2−−−−−−
−−−−−−1後0−−−−−−

得点:09’亀川諒史
得点:13’宮吉拓実 87’都倉賢
□中山雄太
□兵藤慎剛


○試合前
・この試合もDAZNにてディレィ視聴。
・札幌さんとは公式戦で12勝3分8敗。J1日立台でカウントすると5勝1敗と比較的相性は良い。
・一方ミシャサッカーとの対戦成績は7勝3分10敗27得点35失点とやや苦手。


○スタメン
・流石に過密日程もありスタメンは流動的。
・中村航輔はちょっと長引いており不在。最終ラインは小池、中谷、パク、中山。ボランチに大谷とキムボギョン。右に伊東、左に亀川。TOP下に中川で最前線が江坂。クリスがリーグ戦で初めてベンチスタート。
・澤や手塚はまだベンチには入りません。
・札幌も今期出ずっぱりだったチャナティップと福森がスタメンから外れています。
・石川と菅野にとっては凱旋試合。


○前半
・今日は大谷がアンカーでIHに中川とキムボギョンの4-1-4-1(4-1-2-3)。
・立上りからボールを握ることに成功し開始5分亀川のシュートで勢いがつくと9分攻撃の組立直しから亀川のシュート。相手DFの足に当たって決まり先制。ここまでは完璧な試合運びです。
・がすぐさま札幌も反撃。カウンターから兵藤→三好。三好のクロスは宮吉にどんぴしゃで追いつかれます。あまりにも早い同点弾でした。
・同点に追いつかれますが、前半のレイソルは悪くありません。中川や江坂がボールを受け伊東、小池の右サイド、亀川、キムボギョンの左サイドで攻撃を仕掛けます。
・惜しむらくは32分の中川のヘディングが決まらなかったこととCKが相変わらず合わないこと。CKからゴールが生まれないと言うよりも味方に合うことすらないのは致命的すぎます。
・札幌の攻撃は19分のカウンターの場面が怖かったかな。都倉も前半はほぼ前を向かせませんでした。


○後半
・後半。札幌も徐々に反撃。前を向かれてのプレーが増え遠目の位置から早めのクロスを放り込まれます。凌ぎますが体力削られる攻撃で嫌な感じ。
・お互い決定機までは運べず試合が膠着するとレイソルはクリスティアーノを投入し流れを再び奪い返しに行きます。
・68分には右からチャンスを作って大谷の場面もシュートは枠を捉えることができません。70分にも右で崩して左の亀川まで運ぶもシュートは打てず。
・72分亀川に代えて瀬川。札幌も荒野に代えて早坂を投入。
・79分、CKから石川直樹のヘッドこれは桐畑が好セーブ。石川がキリの2つ上かな。同期のミノルが引退しちゃったけど札幌で頑張ってます。
・残り5分を切りレイソルは最後のカードユンソギョンを左サイド前の位置で起用。
・87分。伊東がゴール前でボールを失うと札幌のカウンター。中央駒井から左に開いた都倉へ。都倉のクロスは逆サイドまで流れてしまいますが、三好が粘って折り返すと中に入り込んでいたのは再び都倉。小池との競合いを制してゴール。伊東が失った後中盤でフィルターかけられなかったのと、都倉のクロスを中山触れなかったかなあ。
・またしても残り時間が少なくなったところでの失点。万事休す。
・試合展開としてはホームの天津権健戦に似てますね。あの試合ほどチャンスは作れたわけじゃないけど。


○試合後
・DAZNの解説は川勝さん。川勝さんが解説の試合は勝ちが多いような気が勝手にしていたのですが、負けちゃいました。(実際どうなんだろう)
・出かけていたので結果を知ってからのディレイ観戦でしたが、それほど悪くなかったような。悪かったのはセットプレーが全くもって入る気がしないのと、後半途中で入ったクリスティアーノが全然チャンスに絡まなかったことかな。中川や亀川は良かったと思います。
・何はともあれやっぱりセットプレーだなあ。札幌戦でも8本のCKがあったけどものの見事に相手にクリアされてたし。
・Football labによると今年の得点パターンの割合。得点はセットプレーから3割とかよく言われますが、レイソルに至っては0。一つもないようです。この表は割合なので得点数ではないのですが、決して得点少ないわけではなく、10得点は7位タイ(とはいえ1位も12得点ですからたいして差はありません)とセットプレーから得点が奪えてない割にはそこそこ点は取っているわけで、W杯の中断中に毎日セットプレーの練習しましょう。
・ちなみに今シーズンレイソルが奪ったCKは43回(5位タイ。1位は鳥栖の55本、2位が札幌の54本)と決して少なくないところがさらに追い打ちをかけている気がします。





にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ

コメント

はじめまして。

現地で観戦してましたが、後半時間が進むと
どんどん嫌な予感がスタジアムに蔓延していった気がしました。
ネルのときは逆だったんだですけどね。。。

あとからスタッツを確認すると、後半のシュートは2本と・・・
あんだけボール保持して2本って
完全に札幌のゲームだったと思います。

後半の伊東は外から中へのドリブルからのシュートを
完全に狙われていた感じで、ブレーキが掛かってたいたように見えました。

あと、守備が「ゆるい」と見えます。
何が何でもカードを貰っても止めなければダメなところの見極めは出来ていないから
後半最後に失点が多いですし、
得点後から数分での失点が多すぎますね。


ちょっと気になったので、イエローカードを貰ってる人を調べてみたのですが、
今年ってJ1では現時点で江坂の1枚を除いて全部守備陣が貰ってるんですよね。
単純な比較は出来ないんですが、去年も8節終わった時点だとクリスの1枚のみなのです。
優勝時は攻撃陣も結構まんべんなくイエローを貰って総数が少ない感じと思います。

練習も見てるわけじゃないんで何とも言えないですが、
色々「ヒズミ」が見え隠れしてるように見受けられます。

  • JIL
  • 2018/04/17 22:39
トラックバック
この記事のトラックバックURL