決壊 2019 JリーグDiv.2 第17節 vs 愛媛FC



 2019明治安田生命J2リーグ 第17節
 @ニンジニアスタジアム 7,874人
 愛媛FC 3−1 柏レイソル
 −−−−−−0前0−−−−−−
 −−−−−−3後1−−−−−−

 49’山崎浩介 81’丹羽詩温 85’有田光希 
 71’クリスティアーノ
 □野澤英之
 □クリスティアーノ


○試合前



○スタメン
・柏はオルンガ様代表招集、古賀君代表からの負傷離脱、染谷さん出場停止。
・岐阜戦から染谷→田上、上島→中川創、右サイドは小池→高橋、左サイドは宮本、オルンガ→ガブリエル、瀬川→手塚となぜか大幅に入れ替えてきたネルシーニョさん。
・愛媛さんもトゥーロン国際に神谷君、長沼君を持っていかれてます。

○前半
・レイソルは3-1-4-2。小林くんをアンカーに据えたスタイル。

・中村航輔のセーブがなければ前半のうちに決壊していてもおかしくない。至近距離のヘディング、遠目から浮き球のシュート、2,3度あったか。
・リーグ戦も1/3を過ぎ半分に差し掛かるところで毎試合今期ワーストの内容を更新している。

○後半
・流れは変わらず最初のCKから先制を許す。前半と同じく杉井君のところを狙われてました。
・先制を許した後も柏はなかなか攻撃の形が作れません。
・江坂さんが中盤深い位置まで下りてきて組立てようとするのですが、下りてきちゃうと前線との距離もあるのでなかなかつながりません。
・疲労も出始めて集中力が続かないのか、55分過ぎくらいから気の抜けたシーンが何度か見られます。(61分の相手の浮き球のパスを中村と中川が出損ねて繋がれた場面とか)
・ヒシャは良い位置でボールを奪えるのですが、奪った後の判断がそれほど良い訳ではないのもチャンスに繋がりません。68分のパスカットの場面が顕著かな。高橋さんの上がりも思い切りが悪い。去年までなら迷わず伊東くんや小池さんが駆け上がる場面。挙句カウンター喰らって危なかった。今年は自らチャンスをふいにしてその流れでカウンターってのがホントに多い。
・良いところほとんどないのですが追い付きます。71分、なぜか異常に高い位置にいた田上さんがアフター気味にボールを奪うと瀬川くんからクリスへ。クリスが岡本さんを交わしてシュート。同点に追いつきます。
・同点に追いた後は数分、柏の攻撃が活性化されますがここでリードを奪えずにいると、同点に追いつくために交代カードを3枚切っていた柏と同点に追いつかれても交代カードを3枚持っていた愛媛さんとの差が表れます。要は走れません。
・81分、85分と立て続けに失点を喰らいまして万事休す。
・特に3点目は酷かったな。走ろうよ。キツイかもしれないけど。


○その他
・個人的に、守備は若さゆえの脆さが出たので(走ってないのは問題だけど)立て直すのは攻撃に比べれば比較的簡単かと。
・ただ攻撃は今シーズン通じてほとんど何も進化がない。しばらくはオルンガ様が不在となるため、困ったときのオルンガ頼み(縦に早い≒適当な放り込み)が使えません。クリスもワイドに流れて短期突破を図りますが今シーズンのクリスはホントに相手を交わせませんし。早い時間でフラストレーション溜めてゴール目掛けてシュートマシーンになってしまっています。
・攻撃はかなり手詰まり感が強く、夏の移籍ウィンドウがあくのを待つしかないか。
・次節は今シーズン不調の福岡さん、その次はホームで千葉ダービーです。
・結果が出てこないまま千葉ダービーを迎えるとスタジアムの雰囲気が悪くなりそうでとてもイヤな感じがします。
・こういう時大谷さんに頼りたいんだけど。どのポジションで起用すれば良いんだろう。



このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 サッカーブログへ


コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL