|manage|RSS1.0|Atom0.3|
柏レイソルのことをウダウタと書くBLOGです。

♯ J1各クラブのシーズンチケット(年チケ)販売数について調べてみた



例年に比べ移籍動向が静かな印象を受けていますが、各クラブ来年に向けてシーズンチケットやファンクラブの募集は活発化しています。レイソルも今年リーグ戦ホームゲーム17試合で8試合が完売とチケットがかなり取りにくくなってますんで、9年ぶりに年チケにしようかなと考えているものの、なかなか奥様がOK出してくれません。。。どうしたものか。

さて、以前「Jリーグクラブの社員数について調べてみた」という各クラブの社員数を調べる記事を書いたことがあります。Google先生を駆使して色々なデータソースから各クラブの社員数を調べた記事なのですが、

読んだことない人はコッチから

こちら今でもGoogleで「Jリーグ 社員数」とか「Jリーグ 社員」で検索されると結構上位におりまして、毎月地味にアクセスがあったりします。

2匹目のどじょうじゃないですが、各クラブの年チケ販売数/ファンクラブ会員数について調べてそこそこ分かったので纏めてみたいと思います。



○年チケ(シーズンチケット)販売数

2017年にJ1に所属した18クラブを調べまして結構分かりました。できるだけ一次情報を優先していますが、必ずしもそうなっていません。中には少し古いデータもありますので、実勢との乖離には留意ください。また、データソースにはリンクをつけます。

分からなかったのが、鹿島、鳥栖、磐田、神戸。鹿島は結構多そうな印象がありますし、磐田も中村俊輔加入で販売が好調という記事を見ましたので良い数字なのかと思います。

川崎:8,000席超(13年度)
 出典:NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク インタビュー記事  

C大阪:SAKURA PASSPORT 3,408口(16年)/SAKURA SEAT 1,071口(16年)
 出典:2016年ハナサカクラブ総会報告 

横マ:8,001席(14年)
  :7,027席(年チケ6,510、ハーフ517)(13年度)
 出典:横浜Fマリノス公式サイト 2014年間チケット(ネンチケ)ご購入の御礼 
 出典:NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク インタビュー記事   

浦和:約20,000席(13?)
  :約19,000席(13)

 出典:NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク インタビュー記事 
 出典:個人の方のBLOG 

G大阪:8,555席(16)
 出典:2017 第16回サポーターミーティング 

札幌:<最大>8,395人(16年度)
 出典:北海道コンサドーレ札幌公式サイト パートナー募集 
 ※クラブコンサドーレの人数。クラブコンサドーレにはシーズンシートでない会員区分もあり、種別ごとは不明

仙台:約6,200席(16年度)
 出典:「2017 サポーターズカンファレンス」議事録 16P

東京:8,000超(13?)
 出典:NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク インタビュー記事 

清水:4,375席(16) ※ハーフシーズン含む数字
 出典:「2017エスパルスシーズンシート チャレンジ6,000!」について 

広島:約5,400名(16)
 出典:2017 第15回サポーターズ・カンファレンス議事録 テーマ4 試合運営について 

甲府:<最大>7,604口(16)
 出典:山梨県 ヴァンフォーレ甲府事業報告 
 ※クラブサポーターの人数。クラブサポーターにはシーズンシートでない会員区分もあり、種別ごとは不明

新潟:9,546席(16)
 出典:アルビレックス新潟公式サイト 2016年活動内容紹介資料 

大宮:5,039席(16) ※ハーフシーズンチケット322席含む
 出典:大宮アルディージャ サポーターズミーティング資料 

各クラブでホームスタジアムのキャパが異なるので一概にシーチケ数(割合)が多ければ良いというものではありません。マリノスの部長さんのインタビューでは35%くらいが適正とありました。ただし規模が大きくないクラブにとってはシーズンが始まる前にある程度まとまった売上がたちますので、それは大きな魅力でしょう。

ちなみに野球では、DeNAベイスターズ、本拠地横浜スタジアムの約30,000席に対してシーズンチケットは4,500席に設定しているそうです。割合としては15%程度になります。



○ファンクラブ/後援会人数

各クラブで後援会とファンクラブの定義が微妙に異なります。別の組織として存在するクラブ、シーズンシートとは別にファン、サポーター向けの会員組織をファンクラブと呼んでいたり、後援会と呼んでいたりかなりマチマチです。また、インターネットだけの会員組織をもっているクラブなどもあります。

川崎:【川崎フロンターレ後援会】36,894人(17)
 出典:川崎公式twitter

柏:【レイソルオフィシャルファンクラブ「アソシエイツ」】10,000人超(12)
 出典:柏公式サイト

浦和:【浦和レッズ後援会】個人会員 6,284人 法人会員 419社(16)
 出典:浦和レッズ後援会サイト 収支報告書
 ※他にオフィシャルサポーターズクラブやREXクラブ、サイトメンバーズなどあります。

神戸:【モバイルファンクラブ】30,000人超(16年度?)
 出典:神戸公式サイト
 ※神戸も他にヴィッセル神戸オフィシャルファンクラブがあります。

G大:【ファンクラブ】33,339人(16)
 出典:ガンバ公式サイト 2017 第16回サポーターミーティング

東京:【SOCIO会員】9,616人(15)
 出典:FC東京公式サイト

清水:【エスパルス後援会】17,784人(17年6月)
 出典:エスパルス後援会サイト

広島:【サンフレッチェクラブ】23,461人(2013年8月)
 出典:広島公式サイト

新潟:【アルビレックス新潟後援会】個人会員9,345人、法人会員881社(16年度)
 出典:アルビレックス新潟後援会サイト

大宮:【ファンクラブ】6,386名(16) ※スクール会員1,931名を含む数字
 出典:大宮アルディージャ サポーターズミーティング資料 


とこんな感じでした。
ファンクラブ、後援会の方は各クラブによって組織構造がマチマチなのであくまで参考でしょうか。

年チケは意外と各クラブの実勢数値が分かったので面白いです。ただ、鹿島は色々キーワードを変えて調べてみたのですが、探り当てられませんでした。鹿島が分かりませんが、浦和以外では1万人を大きく超えず、J1だとだいたい5,000〜10,000人の年チケホルダーがいるというあたりに落ち着きそうです。

観客動員の多いチームもそうでないチームもあまり変わらないのが面白いところですね。
卒論を書く大学生の役にしかたってないのではないかと思ったりしますが・・・まあ面白かったのでよしとします。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ



 
:2017柏レイソル::
| 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) | |
<< | 2/2259PAGES | >>
≡CALENDAR ×
<< December 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
≡SELECTED ENTRIES ×
≡ARCHIVES ×
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡ABOUT≡
≡ブログ村≡
PVアクセスランキング にほんブログ村
≡Twitterアカウント≡
≡tassiy's Book Shelf≡