ボーナスステージ 2018 JリーグDiv.1 第26節 vs 清水エスパルス



2018 JリーグDiv.1  第26節
三協フロンテア柏スタジアム 11,105人
柏レイソル 2 − 3 清水エスパルス

−−−−−−0前1−−−−−−
−−−−−−2後2−−−−−−

得点:64’瀬川祐輔 90+4’クリスティアーノ
得点:10’竹内涼 52’白崎凌兵 81’河井陽介

□鈴木大輔



○試合前
・残留争いから抜け出すための大きな一戦(毎試合言ってるけど)
・次の鳥栖戦を終えてしまうと上位チームとの試合が続きます。
・比較的相性の良い清水さん相手に勝っておきたい試合。



○スタメン
・無所属選手用の移籍ウィンドウ終了間際に鈴木大輔を獲得。
・小池にナタンに鎌田に負傷者続出で大輔がスタメン。相棒はルヴァン杯でデビューした中川創。
・代表組のオルンガと伊東はベンチとスタメン。
・江坂に代えて左サイドに中川を入れます。
・清水さんはドウグラスが累積出場停止で不在。代わりにクリスランを。
・北川、金子、松原、立田と活きの良さそうな若手が多くてうらやましい。


○前半
・お互い4-4-2。清水の背番号がとても見にくい。蛍光色は見にくいなあ。
・立上り1分、北川と鈴木大輔のマッチアップ。大輔後手を踏むもなんとかクリア。このプレーで北川はやれると思ったんじゃないかな。
・レイソルは瀬川、クリスがプレスをしボールを奪いに行くも中盤が連動せずなかなかボールが持てない。「選手は気付いている」と前節終了時に監督がコメントしてましたが、何の対策もしてなかったことは明らか。
・ボールを持ててもビルドアップもままならず。最終ラインからボランチにもボールが入れられません。困ってロングボールを入れては奪われます。
・10分失点。柏右サイドで松原に持たれるとグラウンダーのパスを北川スルーしての白崎。バイタルでフリーになっていた竹内に落とすとミドルシュートを叩き込まれます。竹内のシュートも素晴らしいけど、柏の守備はただいるだけ。
・またも先に失点をして苦しくしてしまいます。
・さらに、今日は柏のビルドアップが殊の外酷かったこともあり、その後も清水の攻勢をもろに喰らい続けます。まるでシュート練習かというようにシュートを打たれ続けます。
・前半受けたシュートは柏公式によれば10本だそうで。清水さんのフィニッシュの甘さ、特にクリスランが外しまくって助かりました。
・柏が良かった場面が思い出せない。立上りにクリスが裏抜けしたのと、ヘディングがあったかな。
・加藤監督になって10試合以上戦ってるわけですが、試合を追うごとに酷さが増してます。攻めも守りもお約束すらありません。


○後半
・追いつきたい柏が反撃。49分右サイドで伊東が松原とマッチアップ。もつれて倒れた松原が手でボールをコントロールしたようにも見えたんですけど笛はなりません。
・52分、前がかりになった時間帯で失点。DFとGKの連携ミス。清水CKのクリアボールをGKCB間に跳ね返されると詰めていた白崎に決められてしまいます。中川創はバウンドさせずにクリアしたかったけど、これを糧に成長してくれればいいです。
・この後も清水が攻めあぐねてくれて助かる展開が続きます。負傷明けのクリスランでなく好調のドウグラスだったら何点奪われたんだろうかと。5点くらいは獲られてもおかしくなかったかもしれない。
・絶望すら感じる展開の中一人奮闘しつづけるのが瀬川。62分小泉から強めのパスが入るもキープすると角田を交わして右隅に叩き込みます。絶望が深い今のレイソルで輝く瀬川。清水さんがもたつく間に1点差に。
・戦術も糞もなく個人技だけで戦う柏にサッカーの神様がほほ笑むこともなく、81分三度失点。
・FKからデュークに折り返されると飛び込んだ北川に目がいったか桐畑が弾いてしまい河合に詰められます。
・キリも一向に調子があがって来ません。今日の2点目も3点目もCBとGKの間の処理ミスでした。
・1-3になって漸く監督動きます。大谷と山崎を入れて3バックに。練習したことあるのかしら?
・山崎がペナルティエリアで倒された場面、クリスのシュートがバーを叩いた場面と惜しいのがありますが、無情に時間だけ過ぎていきます。
・終了間際、オルンガのポストプレーからクリスが決め1点差にしたところでタイムアップ。


○試合後
・今のレイソルと戦うすべてのチームがボーナスステージですわ。それぐらい酷い。選手個人は頑張ってると思うけど、決まりごとが無さすぎて絶望感すら漂う。
・これで入替戦圏内の16位まで順位を落としてしまいました。
・試合を追うごとに内容が酷くなり、これまで培われてきたものがみるみる失われていきます。
・守備の形は仕込めず、ビルドアップすらままならなくなっています。
・下位チームも勝点を伸ばしている今シーズン。残留圏の15位はどこまで勝点を積み上げるでしょうか。38か39か。38だとしてもあと3勝必要です。得失点差を考えると半分の4つは勝っておきたいところ。
・残り8試合は、鳥栖、浦和、広島、名古屋、川崎、鹿島、C大阪、G大阪。上位争いか自力のあるチームしか残ってません。
・今シーズンはなんとか残留を決めて、加藤さんとはそれでサヨナラして来シーズンの新監督という望みをもっていたのですが、それも厳しくなってきたのかもしれない。
・特に今シーズンの陣容は生え抜きもそれほど多いわけでもなく、降格してきたチームから採ってきた選手も多いので、落ちてしまったら草刈場になりそうな気がする。







にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:Jリーグ